‐生徒の体験談・結果‐

vol.1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

入学時 卒業時
みき
14歳
鹿児島県出身

地元の中学校に復学!
鹿児島県内高校看護科に合格!

行き場のなかった中学校生活

こんにちは。私は鹿児島県出身14歳、橋之口美樹です。私は父、母、兄と弟の5人家族です。私は小学校の頃から人と話すのが苦手で、いつも相手の言う事に流されてばかりで、いつのまにか周りから浮いている存在になっていました。私にはとても仲の良い友達がいましたが、その子から言われた「あんまり他の子とは話さないで」という言葉がきっかけで、人とあまり話さず、とても暗い性格になっていきました。小学校の頃はいじめと言っても、影でコソコソと言われるようなものでしたが、中学校に入るとその仲の良い友達とクラスが分かれたので、新しい友達もできたのですが、今度はその子が、私がしてもいないことを噂にして流すようになりました。最初は何かの勘違いだろうと思っていましたが、それからは更にエスカレートしていき、私の物やお金までもが盗られるようになり、何度も転ばされるようになりました。中1の夏休みには、その子からの電話が毎日のようにかかってくるようになり、断ってもかかってくるので仕方なく、いつも遊ぶようになりました。夏休みが終わると、私は学校へ行くことが怖くなってしまい不登校になってしまいました。
家にいるようになってからは、母からはいつもため息をつかれたり、父にも何故自分が不登校になったのか理解してもらえませんでした。そのうち私はうつ病になり、病院を回る日々が続きました。「私は皆にとって邪魔なんだ」「私は生きていてはいけないんだ」と思うようになり、遺書を書いては何度も自殺を試みて、父も母も手に負えないという雰囲気でした。それから私は家にも学校にも居場所がなくなり、祖母の家に泊まるようになりました。家族から見たら、逃げだと思われてしまうかも知れませんが、祖母の家ではお手伝いを学ぶことができました。
そんなある時、母が鹿児島の上薗先生を教えてくれて、カウンセリングに通うようになりました。うつむいてばかりの私に上薗先生は温かく話しかけてくれました。カウンセリングに通っているうちに上薗先生は沖縄のアカデミアについてお話してくださり、それから私は行ってみたいなと強く思うようになりました。そして4月14日に体験入学に来させていただきました。教室に入る時はとても怖くて、緊張してしまいましたが、廣谷先生を始め、先生方、生徒の皆さんがとても温かく接してくださり、私にとっては忘れることのできない体験入学になり、とても強く心に残ったので、後日、本入学をさせていただきました。こちらでは毎日がとても楽しく、充実した日々を送らせて頂いております。アカデミアでは社会に出ていくためのルールや生き方について先生方からいつも熱心に教えて頂いています。今アカデミアに来ることができ、廣谷先生を始め、先生方、生徒の皆さんに出会うことが出来て、本当に良かったと思っています。ありがとうございました。

卒業にあたって
廣谷先生、今まで私のお父さん代わりをして頂いてそしてこんなにご飯がもりもり食べられるようになるまで立ち上がらさせて頂きありがとうございました。私が上薗先生に許されない失礼をしてしまった時には、何度も思いっきりしかって頂いてありがとうございました。私は廣谷先生にあんなにしかって頂く事がなかったら、上薗先生の真剣な思いに気付くことは出来なかったと思います。私は、中身がなく形だけの人でしたが、今、廣谷先生にここでこうして築いて頂いた事は心で返さなくちゃいけない大事な事と言う事がようやく分かってきました。そして、私は廣谷先生に教えて頂いたようにもっと強くならなくちゃいけないと思います。今までの私は何をする時でも引っ張ってもらう側にいて、ちょっとの事で涙を流していました。
 でも、今度は私が廣谷先生の子供として突っ張ってどんな事があっても途中であきらめずに行こうと思います。今まで深い愛情を注いで頂いてありがとうございました。そして、私自身と私の家族にどんなに大変な失礼があっても関わって頂いてありがとうございました。わざわざ私の家まで私の兄のため、私のために行っていただき本当にありがとうございました。私のためにこんなに必死になって下さったのは廣谷先生だけです。廣谷先生に出会う事ができてから、毎日がすごく幸せに満ち溢れていました。一年と四ヶ月間が本当に夢のような毎日でした。本当に今までお世話になりました。これから、再スタートをきってがんばります。お身体には、くれぐれもお気を付けお過ごし下さい。北海道旅行は私の一番の思い出です。また、お会いできる事を心待ちにしております。


父母からのメッセージ(卒業後のお手紙)
ようやく秋の訪れを感ずるようになりました。皆様お変わりありませんか。
遅くなりましたが、1年4ヶ月間、美樹が大変お世話になり、ありがとうございました。おかげ様で、美樹はとても強くなって、元気になって帰ってきました。感謝の心や礼儀作法など、親が教えるべきことも教えていただきありがとうございました。私が美樹に注意されることもしばしばです。
美樹は上薗先生の所でお世話になり、元気で過ごしています。こどもの家の先生方、生徒さん方に親切にしていただき、少しづつ新しい生活に慣れていっているようです。今度は自宅から近いので、時々一緒に買い物やドライブに行ったりします。美樹と一緒に過ごす時間が、とても貴重なものに感じられます。よくいろいろな話をしてくれるのですが、以前こんなにゆったりと美樹の話を聞いたことがあっただろうか、と反省しています。
美樹は毎日坂道を自転車通学するのも慣れ、アカデミアの先生方のご指導のおかげで英語のスピーチの代表に選ばれ、とても意欲的に生活しているようです。運動会では、けがのため美樹は見学でしたが、大きな声で応援する姿に感動しました。鹿児島の相談会でも体験発表する機会をいただき、スピーチの時に涙で言葉がつまったりしましたが、よい経験をさせていただきました。何より、美樹は廣谷先生とあやなちゃんに久しぶりに会えたことをとても喜んでいました。美樹は、アカデミアの先生方、生徒さん方、上薗先生と強い信頼関係で結ばれているんだな、と感じることでした。この関係を大切にしてほしいと思います。美樹の一生の宝物です。
美樹は今、目標に向かってがんばっています。私も美樹に負けないよう成長したいと思います。これからも美樹を見守っていて下さい。よろしくお願い致します。アカデミアに美樹をお願いして本当によかったです。本当にありがとうございました。皆様どうぞお体に気を付けてお過ごし下さい。



入学時 卒業時
りょうた
16歳
鹿児島県出身

北海道の高校へ進学!
高卒認定試験合格!
カナダの提携高校へ編入!
カナダの高校卒業、大学へ進学!

孤独感にさいなまれて不登校に

初めまして、こんにちは。僕は鹿児島県出身16歳、岡部亮太です。僕は父、母、姉と弟の5人家族です。姉は生まれつきハンディキャップがあり、弟とは6歳離れているため、姉と弟がいつも優先される生活でした。自分を見てもらえない寂しさを感じることはありましたが、なるべく考えないように毎日過ごしていました。また父と母は多忙な為、なかなか会話が出来ない状態が続きました。
もともと、人見知りだった僕は相手に極度に気を遣い、他人といると不安で一杯でした。小、中学校では親しい友人も多く、普通に学校へは行けていたのですが、高校へ入学してからは友人をあまり作れず、一人で休み時間を過ごし、寂しい日々を過ごしました。毎日、現実を認めたくない気持ちで先のことばかりを考えていたのですが、結局はいつも不安なままでした。誰にも相談できず、辛い気持ちで高校生活を送りながら、どうしてこうなってしまったのか、と考えるようになりました。その度にやるせなさが襲い、学校へ行きたくなくなっていきました。それからは自分の甘えから毎日堕落した生活を送るようになりました。そんなだらしのない僕を見て、父はとても怒り、両親との口げんかは日に日に多くなっていきました。悪いのはだらしのない生活をしている僕自身で、親に迷惑をかけていると分かってはいましたが、反抗して口げんかをしてしまい、自分への嫌悪感、悔しさと悲しさ、そして絶望感からなかなか眠れませんでした。
そんな中、両親が鹿児島でカウンセリングをされている上薗先生からアカデミアのことを教えていただき、僕に教えてくれました。しかし、せっかく体験入学へ来させていただいたというのに、僕は自分勝手な甘えからホテルの部屋に鍵とロックを掛け、引きこもってしまいました。先生方や生徒の皆さんに多大なご迷惑をおかけし、裏切るような行為をしてしまい、本当に申し訳ない気持ちで一杯です。こんなことをしてしまい、僕は誰にも相手にされないのだろうな、と思っていたのですが、入学初日にアカデミアの皆さんが温かく迎えてくださりました。このことが心に残り、こちらで頑張ろうと決意しました。しかし、入学当初は周りの生徒の皆さんと上手く話せるか不安で寮に入ることができず、母と弟が沖縄まで来てくれ、一緒に生活をしていました。しかし母とまた口ゲンカをするのではないかと思い、母と違う部屋で生活をしていました。
その後寮に入り、料理や掃除、洗濯などを自分でする内に、いつも母がしている大変さに気付き、感謝の気持ちで一杯になりました。今ではとても充実した日々を送らせて頂いています。このアカデミアでは毎日が人生の勉強です。日々を積み重ねる毎に、心も成長していきます。こんなに素晴らしい生活をさせてくださっている先生方、周りで支えてくださる生徒の皆さん、そして今まで迷惑ばかりをかけていた両親に感謝をして、これからも頑張っていきたいです。
ありがとうございました。

卒業にあたって
廣谷先生、 この度は本当にお世話になりました。
 僕が初めて沖縄に来させていただいた時、先生はとても温かく迎えてくださったり、親身になってお話をしてくださいました。自分勝手な行動をして、二日間の体験入学に行かなかったにもかかわらず、本入学をさせていただき、先生がまた、温かく迎えてくださり、本当に嬉しかったです。自分のことしか考えなかった僕を、アカデミアの生徒にしてくださり、ありがとうございました。
また、僕がどうして不登校になってしまったのか、そしてこれから自分をどう変えていかなければいけないのか、夜遅くまでお話をしてくださいました。お話をしていただくまでは、自分がどうしたら良いかも分からず、ずっと自暴自棄の状態でした。プライドも高く、本当に死にたいと思ったことも何度かありました。しかし先生は両親がしてくれなかったたくさんのことをお話してくださいました。僕の弱い所や直さなければいけない所も厳しくも優しくもご指導してくださいました。生きていく上で必要なたくさんのことを教えてくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。さらに、貴重なお時間の中、たくさんの思い出を作ってくださり、ありがとうございました。僕がこちらに来させていただいたばかりで、まだ少し不安だったころ、先生がわざわざ作って下さったボルシチが、とても嬉しかったです。また、お部屋に呼んでくださり、ラーメンやハンバーグなどをごちそうしていただいたり、映画を観せていただいたりと、とても楽しかったです。お忙しい中、首里城へ連れて行ってくださり、沖縄について学ぶこともできました。また、とてもきれいな海でシュノーケリングを教えてくださり、大変貴重な体験をさせていただき、ありがとうございます。今まで見たこともなかったことを、アカデミアで体験させていただくことが出来るとは思ってもみませんでした。風邪をひいて寝こんだ時や、少し体調が悪い時などにも、いつもお気遣いいただき、ありがとうございました。声をかけてくださるだけで本当に嬉しかったです。ご指導をいただくだけでもありがたいことだというのに、進路の方まで見てくださり、ありがとうございます。池上高校や、カナダの学校の手続きをわざわざしてくださり、感謝の気持ちで一杯です。先生のお力がなければ絶対に行くことはできませんでした。ここまで面倒を見てくださり、ありがとうございます。
先生には、いつもご迷惑ばかりをおかけしてしまい、本当に申し訳ありません。にも係わらず、この一年もの間本当にありがとうございました。先生とお会いさせていただくことができ、とても嬉しかったです。先生が僕におっしゃてくださった一言一言が一生大事にしなければいけない宝物です。先生がおっしゃってくださったことを忘れず、アカデミアの恥にならぬよう、頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。暑い日が続きますが、ご体調を崩されないように、お身体をご自愛くださいませ。



入学時 卒業時
まさふみ
13歳
鹿児島県出身

地元の中学校に復学!
鹿児島県の高校へ進学!

部活と勉強の両立が出来ず不登校に

初めましてこんにちは。僕は、鹿児島県出身13歳の山口剛史です。父と母と二つ歳上の兄の4人家族です。
小学校までは楽しく学校に通っていたのですが、中学校1年生の時野球部に入り、1年生の終わりの頃、段々と勉強をする時間がなくなり、家に帰ってもだらだらとして部活と勉強の両立は出来ませんでした。そして、部活中心の生活になりました。それからはやる気がなくなり、勉強に手を付けなくなりました。やる気がなくなって何を信じていいのか分からない、自分も嫌になり学校を休むようになりました。そんな時母が、鹿児島でカウンセリングを行っている上薗先生と話してくれ、先生からアカデミアを教えて頂き体験入学に行かせて頂きました。体験入学では、先生方や生徒の皆さんが、優しく接して頂いた事が心に残り、後日アカデミアに本入学することに決めました。でも、入学時には先生方や生徒の皆さんに自分の取った態度で、とても迷惑をおかけしてしまい鹿児島の実家に帰ってしまいました。こんな僕も相手にされないと思いましたが、藤田先生が真剣に向き合って下さった熱意や生徒の皆さんが暖かく迎えて下さった気持ちを考えると、沖縄に戻りこの人達と向き合って自分を変えようと決意しました。それからは、毎日充実した生活を送らさせて頂いています。このような機会を与えて下さった皆さんに感謝しています。ありがとうございました。

卒業にあたって
今まで本当にお世話になりました。アカデミアに来て、僕は勉強やスポーツ以外にも大切なことがたくさんあると学びました。僕は、自分に甘えて不安だらけでした。廣谷先生は、毎日のように僕の体調を心配して下さりました。体験入学の時には、家に帰りたいと言ってすごく心配をかけてしまい、先生方を振り回してしまって、自分でも深く反省しています。廣谷先生は、何があっても一緒に考えて下さいました。これからは、自立して中学三年生らしい行動を取りたいと思います。本当にありがとうございました。

慎一先生へのお手紙
今まで本当にお世話になりました。僕がアカデミアに来る前は勉強とスポーツしか頭に無かったのですが、アカデミアに来てから色々なことを学びました。僕には自分の甘えがすごくありました。慎一さんには大変ご迷惑をかけてしまい、すみませんでした。でも、慎一さんが真剣に僕にお話をして下さったおかげで、今僕はここにいると思います。いつも先生達を振り回してしまい、自分でも大変反省しています。これからも何があろうと毎日学校に通い、何事にも逃げずに自分と向き合っていきたいと思います。今まで本当にありがとうございました。

父母からのメッセージ(卒業後のお手紙)
今回、アカデミアを卒業させて頂くことになりましたが、いろいろとご迷惑をおかけした事をお詫び申し上げます。昨年の九月から、剛史がお世話になり、本当に大変な時期をみて頂き、ありがとうございました。剛史と再会し、その成長振りにびっくりしております。また同時に、ここまで剛史をご指導していただいた先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。沖縄に行った当初、藤田先生を始め皆様に大変なご迷惑をかけていた剛史とは別人のようです。教科書では学べない多くの大切な学びをしてきたようで、僕は不登校になって良かったかもしれない、と言っていました。
剛史と離れ過ごした私たち家族も、同時に家族のあり方を再度考え、見つめなおす機会をいただきました。これから新たな出発です。辛い時もあるかもしれませんが、沖縄での日々を忘れずに乗り越えていきたいと思います。
本当にありがとうございました。



入学時 卒業時
ゆきの
14歳
福島県出身

カナダの提携高校へ編入!
専門学校でスペイン語を専攻!


プレッシャーに押しつぶされて

私は、中学一年生の頃はすごく楽しい生活を送っていました。学校も毎日通っていました。しかし、二年生の二学期頃から徐々に体調が変わっていきました。親からのいろんなプレッシャーやストレスが原因でした。まずお腹が張るようになり、それが嫌で緊張したり、目が泳ぐようになったり、いつの間にか異常に手に汗をかいていたり、後ろが気になったり、このようなことが毎日起こっていました。最初は気になりませんでしたが、次第に辛くなっていきました。
この事をいつ親に打ち明けようかと思って迷っていました。しかし、毎朝母も父も仕事がありピリピリしていました。学校に行きたくないのに無理矢理布団をはがされたり、怒鳴られ「今日も学校行かないのか」と必ず言われ、泣きわめいたりもしました。学校へ行きたくなくなった理由を親に打ち明けることができたのは、三年生の一学期のある日曜日の夜でした。長々と、涙を流しながら話しました。
それから、「学校、休んでいいよ」と初めて親に言われましたが、それも少しの間だけでした。学校では修学旅行があり、それに行きたかったのでまた無理してでも学校へ行くようになりました。でもまだ学校へ行きたくない思いも強かったため、ストレスがたまるようになっていきました。
このようなことが原因で、家に閉じこもるようになっていき、パソコンをしたりテレビを見たりとだらけた生活を送っていました。そんな私を見て心配した母がインターネットでアカデミアを探してくれました。私は外に出て人に会うのは嫌でしたが、何とか体験入学に行きました。アカデミアはすごく温かい人たちがいっぱいのところでした。最初は不安なことがたくさんありましたが、今は楽しく充実した生活を送らさせていただいています。アカデミアに来て良かったなと心から思っています。


卒業にあたって
今まで大変お世話になりました。アカデミアに来させて頂く前は夢も希望もなく、高校に行かない事まで考えていた状態でした。しかし、アカデミアに体験入学に来させて頂き、世界の視野が広がりました。廣谷先生にお会いした時、今までの先生とは違う光が見えました。体験入学の時、先生が私に、たくさん話しかけて頂き、たくさん笑わせて頂いた、あの嬉しかった貴重な時間を忘れられません。そして、写真まで撮って頂き、髪の毛がぼさぼさだった為、髪の毛まで気にかけて頂き、櫛でとかして頂いたときの先生の優しさに感動しました。そして、昼食を食べに連れて行って頂いて先生の温かい心に魅了され、先生に賭けてみようと、生徒の皆さんの自立に向けて、一生懸命生きている姿を見て、私も皆さんみたいに早く自立して生きたいという思い一心でアカデミアに入学させて頂きました。アカデミアに入学させて頂いた当初はずっと前の席に座る事ができない状態でしたが、廣谷先生のお話しのパワーで元気を頂き、先生方や皆さんが温かい気持ちで支えて頂いたお力添えのおかげで回復できたのだと身に染みる思いです。
昨年の冬にお鍋をごちそうして頂いた時、言ってはならない事を言ってしまい、本当に申し訳ありませんでした。本当に我が儘な人間で、甘えが強く、プライドが高くてこんな性格の悪い私にたくさんの愛があるご指導をして頂き、本当にありがとうございました。プライドが無くなるようにと、本音で向き合ってご指導をたくさんして頂いて、とても嬉しく思いました。廣谷先生にプライドというものを教えて頂けるまでずっとプライドを張って生きていく悲しい人生になっていたと思います。本当に危険だったところを救って頂いてありがとうございました。
私は、廣谷先生に作って頂いたお料理が大好きでした。中でも、ハンバーグは頬っぺたが落ちそうなくらい、とっても美味しかったのを覚えています。おしるこも大好きでした。それからめったに食べることが出来ないお菓子を沢山頂いたり、本当にありがとうございました。休日には、お出かけに連れて行って頂いたり、本当に親がしないような事を先生方がたくさんの愛情を持ってして頂いて、先生方からの本当の愛を注いで頂けてこの上ない幸せ者です。アカデミアに来させて頂いてから毎日が楽しくて仕方ありませんでした。また、こんな至らない私に誕生日会を開いて頂けて、本当に嬉しかったです。プレゼントやカードまで頂き、とても感動いたしました。こんな感動して楽しかったお誕生日会はいままでになかったです。本当にありがとうございました。
感謝の気持ちや思いやり、尊敬心など生きていく上で大切な事を学ばせて頂き、貴重な世界のお話などをして頂けて、廣谷先生との出逢いがなければ実現できる事はありませんでした。本当にありがとうございました。自分がしてもらいたい事を人にするという事が本当に素敵な事だと思います。
書類の事ではたくさんのご迷惑をおかけしてしまったのにも関わらず、カナダに行く事が出来るようにと背中を押して頂き、外国に行く事が向いているわけでもないのに、外国に行っても恥ずかしくないようにと育てて頂いた事、そして有りのままの私を受け入れて頂いた事、本当に感謝しきれません。そして、こんな私に外国に行くチャンスを与えて頂いたり、人生まで変えて頂いたこの恩は忘れません。外国で生活をするのは不安ですが、アカデミアでの思い出を胸にカナダに行っても初心を忘れず、何事にも感謝の気持ちを持ち、先生から学ばせて頂いた培ってきたものを大切にし、甘えを捨て自分と戦って卒業したいです。
廣谷先生のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

父母からのメッセージ(卒業後のお手紙)
拝啓 随分ご無沙汰しております。如何お過ごしでしょうか。
私は残念ながら空港には見送りには行けませんでしたが、娘は無事カナダに向かって飛び立ちました。アカデミア卒業、ボドウェル留学等、色々とお世話になりました。特に大使館に提出する書類作成の際には大変お骨折りいただき、誠に感謝しております。
思い返せば沖縄に行くときの不安そうな娘の顔、昨年6月に伺った際に先生が言われた「お父さん似だね」に反発した顔、色々と走馬灯の様に頭の中を駆け巡ります。私どもが娘の将来に良かれと思い考え発した言葉や態度に萎縮し、悩んだ日々だったと思います。しかし先生方のご指導により見違えるように明るくなり、優しい笑顔のかわいい娘に育ちました。感謝に値する言葉が見つかりません。私は娘に、カナダでは学校生活を楽しむように言い伝えました。
今後ともご指導宜しくお願い申し上げます。
ご多忙でしょうが健康には留意され、ご活躍を心からお祈りいたします。




入学時 卒業時
たつき
14歳
埼玉県出身

地元の中学校に復学!
埼玉県の高校に進学!

大人との関係が築けない

こんにちは。僕の家族は母と兄と僕の三人家族です。物心ついた時から母と父はケンカをしており、兄が止めている記憶しかありません。僕はよく状況が理解できず、ただボーっと見ているだけでした。仲がいいところを見たことがありません。ある年のクリスマスの後、夜中に母と兄と僕とでおばあさんの家に行きました。そしていつの間にか父と母は離婚し、母は女手一つで中学生の兄と小学生になる僕のために働いてくれました。
小学校は5年生までは楽しく通っていたのですが、6年生になって先生に反抗するようになり、どんどんそれがエスカレートし、遅刻は当たり前で、授業中も「先生、トイレに行ってきます」と嘘をつき、教室を抜け出して友達と校庭で遊ぶなど、やりたい放題していました。家に帰ってもやるべきことはせず、夜遅くまで起きて、朝は遅くまで寝ているなど、自分の甘えでだらしない不規則な生活を送っているうちに、あっという間に中学生になっていました。中学校では環境も人間関係も変わり、自分をどうにか変えたいという思いで最初のうちは何とかうまくやっていたのですが、勉強面では小学校の時のツケが回り、だんだん勉強がわからなくなり、先生との関係も崩れていき、だんだんと小学校の頃のように戻っていきました。ほうきを振り回しガラスを割った時には「もうオレは人を傷つけるクセが身について直らないんだ」とあきらめるようになり、部活の先輩やクラスメイト、もちろん家族にも何度も迷惑をかけていました。一般社会でいう「手の付けようのない子」でした。
そんな時、僕を見て心配した母がインターネットでアカデミアを見つけてくれ、体験入学をさせて頂く事になりました。以来、こちらでは生活のリズムも良くなり、自分に欠けている人間性を高める事を勉強しています。僕を支えて下さっている、廣谷先生を始めとした先生方、生徒の皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

卒業にあたって
この6ヶ月間、アカデミアの先生方は僕を我が子のようにご指導して下さりました。今までいろんな事から逃げてきた僕に、お父さんのように優しく、時には厳しい目で考えて下さり、「何事も逃げてはいけない」という事を教えて下さり、素直に物事を考える事を大切にしなければならないという事を教えて下さいました。また、僕が失礼な態度をとっても、どこかで僕を見つめて考えて下さる、父親以上の父親でした。
慎一さんには最後までお父さんをして下さり、埼玉に帰った後の事も考えて下さり、本当にありがとうございました。アカデミアでの6ヶ月間は一生に一度のお父さんとの6ヶ月間でした。ものすごく幸せでした。本当にお世話になりました。ありがとうございました!




入学時 卒業時
けいこ
18歳
兵庫県出身

高卒認定試験合格!
沖縄で就労!
カナダの提携校へ編入!


自分の弱さを克服したい

初めまして、こんにちは。私は兵庫県出身18歳池田恵子です。私は祖母、父、母、兄3人の7人家族です。
私は中学校卒業まで普通に学校へ行き、友達とも仲良く過ごし、部活ではたくさんのことを学びました。毎日、学校に行くことが当たり前で、とても楽しかったです。そして、高校に無事入学しました。私の通っていた高校は新設校で、新しい高校生活を楽しみに通い始めました。けれど、将来への焦りがなく、高校の勉強を甘くみていた私は、勉強についていけなくなり、テストの成績も悪く、私なりには一生懸命努力していたのですが、長続きせず、次第に追いたてられるように感じ、学校を休むようになりました。その頃の私は自分に甘すぎて、意志が弱くて、なかなか行くことができませんでした。それでも、学校行事には参加し、友達と楽しく過ごしたりしてました。だんだんと、勉強しなくてはという焦りもなくなっていき、高3に上がった時、担任の先生から留年決定と言われ、すごくびっくりして、やっと自分のしてることが間違ってたことに気付きました。そして、自分の事が嫌いになり、あと2年この学校に通うことは無理だと考え、学校を辞めました。学校を辞めてからも、高2の頃からしていたパン屋のバイトは続けていたのですが、自立したいのに出来ない自分が嫌で、変わりたいのに実行できない自分が嫌で、悩む日々が続いていました。
そんな悩み続けていたある日母が、インターネットでアカデミアをさがしてくれ、体験入学に来させて頂く事になりました。体験入学では先生方の真剣に生徒と接する姿にとても感動しました。また、生徒さんの皆さんの挨拶や礼儀を大切にしている姿や、優しく接して下さった事が印象的でした。私は体験入学に来て、変われるのは今しかないと思い入学を決意しました。
沖縄に行く前に地元の自動車学校に通っていたのですが、アカデミアに入学し、残りの教習を沖縄で受ける事になりました。以前の意志の弱かった私は、半年かかっても免許を取る事が出来ませんでしたが、絶対にあきらめないというアカデミアの先生方や生徒の皆さんが一緒になって応援してくださったおかげで、何とか免許を取る事が出来ました。一人では出来なかった事なので、皆さんには本当に感謝しきれません。
現在は高校卒業認定試験に向け勉強をしながら充実した毎日を送っています。これからも私の至らない部分を改善し、社会に出て自立する為に、自分を変える為に日々努力していきたいと思います。

卒業にあたって
廣谷先生、私がこちらに来させていただき、早いもので一年が経とうとしています。この一年、感謝しても感謝しきれない気持ちでいっぱいです。
体験入学で初めて先生にお会いした時、私は人生で光を見つけた気持ちになりました。先生は、田舎臭くて何の自信も無い私に希望を与えて下さいました。そして、どんな時も変わらぬ熱意で指導して下さいました。私が自分の甘えや弱さに負けそうになった時、先生のご指導がなかったら乗り越えることはできませんでした。いつも向き合って下さり、本当にありがとうございます。
私がまだこちらに来させていただいたばかりの頃、美味しい夕食に招待して下さり、やさしくお話して下さいました。先生の美味しいラーメンのお味、一生忘れません。私が学校のソファーで号泣してしまった時、優しく頭をなでて下さったことを、今でも鮮明に思い出します。先生はどんな時も変わらぬ熱意と優しさでご指導下さっているのに、私の問題でご迷惑をおかけしてしまい本当に申し訳ありませんでした。「クリームパン事件」のときは、本当に厳しいお言葉を下さり、ありがとうございました。あの時のお言葉がなかったら今の私は絶対に居ません。いつもパン屋さんに行くと、先生のことを思い出し、「自分に厳しく」と胸に刻んでいます。
こちらに来させていただく前の私は、何のために生きているのかさえも分からず、私なんか生きている意味あるのかな、と無いものねだりをしたり、後悔ばかりの毎日を送っていました。けれど、それは全て自分の甘えや弱さ、感謝の気持ちをなくしていた私が招いていたことなのだと、廣谷先生から学ばせていただきました。
私は、生きる上で大切なたくさんのことを廣谷先生から学ばせていただきました。コンプレックスだらけだった私に「自分を受け入れること」の大切さ、田舎臭くてちんぷんかんぷんな私に、社会での人間関係の大切さ、努力することの大切さ、一生懸命今を生きることの大切さ、心のあり方、人を思いやること、感謝の気持ち、人に尊敬心を持つこと、そしてどんな時も、誰もが見たくないような私の一番ダメな所と真正面から目をそらさずに向き合って下さいました。先生のお力添えが無かったら今の私は居ません。本当にありがとうございました。沖縄に来させていただき、私は本当に幸せです。太ってて良かったです。高校中退して良かったです。高校三年間行って学ぶことより大切なことを学ばせていただきました。大嫌いだった自分のコンプレックスに感謝の気持ちを持つことが出来るようになったのも、廣谷先生のお力添えがあったからこそです。自分を見つめることさえ出来なかった自分が、廣谷先生の言葉一つ一つに支えられ、自分や家族を受け入れられる様になっていきました。本当に感謝しきれません。
今日でアカデミアを卒業させていただくことになりましたが、これからがスタートだと思い、こちらで学ばせていただいたことを日々心に留めて努力していこうと思います。「人生は自分との戦い」という先生の生き方を見習わせていただきます。この一年間廣谷先生と過ごさせていただいた全ての時間が私にとって大切な宝物です。何の誇りもなかった私がアカデミアの廣谷先生の生徒であることに誇りを持つことが出来ました。
一年間大変お世話になり、本当にありがとうございました。次にお会いできる日を心からお待ちしております。くれぐれも体調を崩さぬようご自愛下さい。

父母からのメッセージ(卒業後のお手紙)
桜の花がちらほらと咲く頃になりました。
恵子が28日に無事帰宅する事ができました。皆様には空港まで送っていただきまして、最後までお世話になりましてありがとうございました。
帰宅途中の車の中で、恵子とアカデミアでの生活の話で盛り上がりました。 恵子は先生のお話を聞けないのはさびしいと言っていました。その日の夜は家族全員で卒業を祝いました。生徒の皆さんからの手紙を恵子とともに、読ませていただき、皆様が恵子を慕っていただいた事を感じました。
私は変わりたいと言って沖縄に行かせて頂いて一年あまり、あの時は親の言う事も聞かなかった恵子が、今は人に感謝する事が大切と言って「お父さん、お母さんに感謝しています」と優しい言葉で話す様になりました。またお母さんに大切な言葉が一杯あるのだと言って、大切な言葉が書いてあるノートを見せてくれました。恵子の宝物になっている様で私も勉強させていただいております。
廣谷先生は、時には父親のような厳しさを持って、どんな時にも熱意あるご指導をしていただきました。そして真剣に真正面からむきあって下さいました。今の恵子があるのも先生達のおかげたと恵子とともに感謝しております。
久しぶりに恵子といろいろ話すことができました。今の家族の現状の事を話し合いましたが、恵子が私に対しても良いアドバイスもくれました。やはりアカデミアでの体験で成長した賜物だと、とても頼もしく思われました。わかっているけれど、なかなか変えられない自分、人のせいにしている自分、過去の事にとらわれている自分など、いろいろな気づきがある事がわかりました。恵子からアカデミアで学んできた廣谷先生の教えを聞くことができました。恵子は一回りもふたまわりも成長して帰ってきました。恵子にとっては、今は自立に向けてがんばりたいと思っています。まず第一歩としてカナダの生活をがんばりたいと言っております。関空に送りに行く際に、先生の電話の中で「この子を信じてやってください」と言って下さった言葉をしみじみと心に感じました。
恵子を信じて自立に向けて笑顔で「行っておいで、応援するから」と送り出してやろうと思います。先生には言葉で言い尽くせない愛情あるご指導をしていただき本当に感謝しております。ありがとうございました。これからも恵子に対してよきご指導を賜ります様によろしくお願いいたします。
本当に一年あまりお世話になりありがとうございました。アカデミアでの学びは恵子にとって心の支えになっていくと思います。
諸先生、生徒のみなさま、恵子と仲良く接して頂きましてほんとうにありがとうございました。



入学時 卒業時
あやな
15歳
宮崎県出身

カナダの提携高校へ編入!
学年で成績最優秀賞受賞!
寮での生活態度優秀賞を受賞!
ニューヨークのアートスクールに進学!


現実から逃げようとして不登校に

初めまして、こんにちは。私は宮崎県出身15才山田彩七です。
小学校の頃、私は父の仕事でニューヨークに行っていました。帰国後、宮崎の小学校に転校し、卒業後公立中学に入りましたが、そこはイケ組とシケ組という生徒が二手に分かれ、どちらかに属さなくてはいけない生徒同士間で差別のある学校でした。そんなきゅう屈で表だけの友人関係の中で、アメリカ帰りの私は自分の居場所を見つけられず、自ら友達と距離を置くようになって、孤立していきました。そして学校へ行くのがだんだん怖くなってきて、休みがちになっていきました。
そんな時、鹿児島でカウンセリングをなさって居られる上薗先生とお会いでき、現実から逃げない勇気をいただき、また先生のご紹介でアカデミアの体験入学に参加させて頂きました。アカデミアで先生方とお話をさせていただき、私が立ち直れるのはここしかないのだと気付き、後日、本入学を決意しました。アカデミアで過ごしていくうちに、等身大の自分を知り、また人に流されないよう自分をしっかり持つ大切さに気付き精神面で随分強くなりました。そして私の心の大きな傷も今では大切な思い出になりました。ここアカデミアで過ごす1日1日は私の心を広く、より豊かにしてくれるとてもとても大切な時間です。アカデミアの先生方と生徒の皆さんに私は数えきれないほどの大切なことを教わりました。そして全ての事に感謝の気持ちを持つ大切さを知りました。このようにとても充実し楽しい毎日の中で日々自分自身を向上させるため、また長年の夢であった海外留学に向けて、支えて頂きながら頑張っております。

卒業にあたって
 廣谷先生と初めてお会いした日から、毎日たくさんのご指導を頂き、本当にありがとうございました。心から感謝しております。アカデミアで過ごさせていただいた日々はとても幸せでした。
 体験入学に来させていただいた日のことを思い出します。人を信用することができなかったけれど、これから先どうしたらいいか分からず、すごく怖くて、答えを求めにすがる思いでアカデミアに来させていただきました。職員室で今までの全てのことを泣きながら話す私を温かく受け入れて下さり、本当にありがとうございました。今でも、海に女の子みんなで行く前に先生が頭をなでて下さったことを覚えています。今まで人に頭をなでてもらった記憶があまりなかったので、忘れられないほどすごく嬉しかったです。
 本入学させていただいてから、毎日廣谷先生にお話していただいても、いつも泣いていました。けれど、お昼の時間に私が今までのことを先生にお話していた時、私には思いやりがなかったんだと先生に気付かせていただいた日のことが忘れられません。あの日を境に、寝れないほど思い出すのも怖くて、ずっと逃げていた過去に少しずつ向き合えるようになりました。時間はかかったけど、先生のおかげで日に日に思い出したくもなかった過去にの心が持てるようになりました。本当にありがとうございました。
 初めは一日一日がとても長く感じていたけれど、どんどんあっという間に毎日が過ぎていって、心からの安心感と幸せを感じていました。しかし、いつも死ぬという考えに逃げていた私は、ちょっとしたことでも死にたいなどと言っていました。その時に先生が、それは支えてくれた人に失礼だと叱って下さったことが忘れられません。本当に申し訳ありませんでした。自分一人で生きているんじゃないんだな、なんて失礼なことをしたんだと、あれ以来死にたいと思ったことは一度もありません。親以外であんなに真剣に叱って下さった方は、廣谷先生が初めてでした。本当にありがとうございました。
 先生には、沢山の美味しいお料理やお菓子を頂いたり、ご飯を食べに連れて行って頂いたり、素敵なお洋服を沢山頂いたり、CDを頂いたりと、数え切れない程のお心遣いを頂き、本当にありがとうございました。先生に初めて作って頂いたラーメン、とっても美味しかったです。先生の作って下さるお料理は本当に美味しくて、すごく嬉しかったです。思い出が沢山です。また、素敵なお洋服も沢山頂き、本当にありがとうございました。初めて先生に赤と紺のポロシャツを頂いた日のことを覚えています。こんなにも沢山のお心遣いを頂き、心から感謝しております。本当にありがとうございました。
 また、先生に世界中のお話やラテンの音楽を教えていただいて、世界にすごく興味をもつようになりました。こんなに世界が広いなら、私の悩みなんてちっぽけなんだな、頑張ろう、と思いました。それに、ああ、あの国に行ってみたいな、と夢が持てました。沢山の貴重なお話を本当にありがとうございました。
 夏に沖縄の美しい海でシュノーケリングや泳ぎに連れて行って頂いたことも、とても心に残っています。あんなきれいな海で皆さんと一緒に楽しい時間を過ごさせて頂いて、とても幸せでした。毎日心から幸せを感じて、笑っている自分がいることに大変感謝しております。先生とお会いして、人生が大きく変わりました。本当に先生のお陰です。心から感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。
 アカデミアを卒業することに、まだ信じられない思いで実感がわきません。ただ、すごくさみしいです。アカデミアで過ごさせて頂いた時間は、今まで満たされなかった私の心が先生方から頂いた愛であふれかえりそうです。本当にありがとうございました。アカデミアで過ごさせて頂いた日々は、私の一生の宝物です。先生に教えて頂いた感謝の気持ち、思いやりの心、尊敬心、人生に向き合うこと、数え切れない程教えて頂いた沢山の大切なことにそって生きていきます。
 最後になりましたが、人を信じられず、人の温かいお心にも気付かず、いつも死のうと思っていた私に、カナダ留学という決してつかむことのできなかったところまで引き上げて頂いて、心から感謝しております。こんなに大きなチャンスを頂き、本当にありがとうございます。先生に以前お話して頂いた、人生は山登りだというお話、今がやっと一つの山を登り終えたところだと思っています。これからは、はてしなく高くけわしい山が来ると思うけれど、アカデミアで教えて頂いた生きる知恵と、絶対にあきらめない粘りをもって、どんな山でも一つ一つ、一歩一歩乗り越えていきます。アカデミアでの思い出がとても愛おしいです。先生と過ごさせて頂いた日々を支えに、しっかりと頑張っていきます。
 先生のご健康と、この一年が沢山の幸せにあふれていますことを心より願っております。先生と過ごさせて頂いた日々は、私の宝物です。心から感謝しております。本当にありがとうございました。




入学時 卒業時
しおり
17歳
福岡県出身

高卒認定試験合格!
カナダの提携高校へ編入!
カナダのカレッジを卒業!

好きな音楽で挫折して絶望した

はじめまして、こんにちは。私は福岡県出身17才、武藤詩織といいます。
私は自分を良く分からないままに音楽科に入学し、ピアノや音楽の勉強をしていました。しかし、他の生徒は小さい時からピアニストやバイオリニストを目指している生徒が多く、だんだんとまわりのレベルについていけなくなって行き、夏休み前のピアノの実技試験で目的意識がはっきりしていなかった自分は満足の得る結果ではありませんでした。そのショックが引き金となり、他の人と比べたらやる気がなくなり、大好きだった音楽がうまくいかなくなった絶望から、夏休みが明けても学校へ行かなくなりました。
それからも心のどこかで音楽がしたくて少し学校へ行ったりしましたが、行くとやっぱり自分に自信がなく、立ち直ることができませんでした。そうしているうちに単位が足りなくなって留年しなければならなくなりました。留年する事についてとても悩みましたが、まだ音楽がしたいという気持ちがあったので、また1年生からやり直すことを決意しましたが、1つ年下の人達と過ごし、自分と同じ学年だった人たちが先に進んでいっているという環境に耐えることができず、すぐにまた学校へ行かなくなりました。それからたまに昼から学校へ行き、保健室登校をし、少し授業を受けるという生活をしていましたが、それさえも面倒になり家にいることが多くなりました。
そして、好きだった音楽もやっている意味がわからなくなり、これから何をすればいいかわからなくなりました。そんなとき、母がアカデミアをインターネットで見つけてくれ、体験入学をすることにしました。体験入学をしたことにより、自分でも気付かなかった幼い頃からずっと持っていた寂しかった気持ちを知り、またそれに気付かせてくださり、私の心の奥を理解してくださった廣谷先生を信じてついていこうと思い、明るく礼儀のあるアカデミアの生徒さんたちの中でなら自分を出して頑張っていけるのではないかと思い心を入れ替え、自分を知らない土地でリセットしようと本入学を決めました。
今はカナダの高校で勉強したいと言う目的ができ、その為に自立できるよう努力し、自然体な人間でいられるようにアカデミアでたくさんの事を学ばせていただいており、日々成長させていただいております。ありがとうございました。


卒業にあたって
アカデミアに来させて頂いてから、卒業させて頂くまでにあたって、先生に出会えたこと幸せに思います。体験入学のとき、先生が今まで親も自分さえも気付かなかった寂しいと思い続けてきた気持ちに気付かせて下さり、先に進む道がなくどこにも動き出せなかった私に夢を与えてくださり、私の人生を大きく変えて下さってありがとうございました。先生にお会いして、この先生に賭けてみようと決意したときの気持ちは今でも忘れません。生き方を知らない、世間を知らずの未熟な私が、生きる為に必要な術を学ぶことができるのは、一生のうちにもう二度とないことなので、先生が教えてくださったことを一つ一つ大切に忠実に生きていきたいです。
私は、いつも失礼やご迷惑をおかけしてしまい、泣いてばかりで幼児から全く心が育っていないですが、優しく厳しく接してくださった先生の温かさに触れ、お心遣いが心に染み、満たされました。夢のような世界各国のお話や、ラテンの音楽を聴くことができたり、色々な国の言葉を知ることが出来たり、とても美味しい先生の手料理、普通では食べられないようなお菓子や外国の食べ物をご馳走してくださったり、シュノーケリングに連れて行って頂いたり、お誕生日会を開いて頂けたことなど、先生との出逢いがなければこのような貴重な知恵や経験を得ることができなかったのだと思うと光栄でなりません。それに今まで誰からも気にさせることはなかった服や髪など、どんな色が似合うか先生は本音でおっしゃってくださったので、自分の存在に自信が持てました。こんな私に親以上の愛情を注いでくださり本当にありがとうございました。
何をするにも最後までやり通せなく、投げ出してしまう社会で通用しない私が留学をすることなど普通ではあり得ないことですが、先生のお力があってこそここまで登りつめることが出来たこと、感謝の気持ちでいっぱいで、何と表せば良いか分からない程です。先生と初めてお会いした時に私が言った、留学してみたいという無謀な夢を実現してくださった先生へのご恩は計り知れません。アカデミアへ入学する前の学校にも行けず、中途半端で生きる意味も分からず、全てを諦めていた私が外国へ行こうとしているなんて、その頃は考えられないことです。学力がなく年も18歳という私がカナダの高校へ行くということはとても大変だということは承知しておりますが、先生から頂いた大きなチャンスを大切に、何があってもアカデミアで学んだことを生かして乗り越えて卒業したいです。
先生の今後のご多幸とご健康を心よりお祈りしています。


父母からのメッセージ(卒業後のお手紙)
廣谷先生、アカデミアの皆様には、お元気にお変わりなくお過ごしですか?娘がカナダに出発するまで、準備に追われお礼が大変遅れてしまい、お詫び申し上げます。
この一年間、娘を温かく見守り、育てて下さった先生方、支えて下さった生徒の皆様に心から感謝申し上げます。帰ってから一緒に御飯を食べたり、買い物をする中で、ありがとう、大丈夫?という言葉と共に、相手を気遣う娘の優しい態度には、親ながら感心しました。また炊事や洗濯なども自然と体を動かして、とても楽しそうに話す姿から、沖縄での生活が、いかに充実したものであったかを、知ることができました。留学が決まってからは、未熟者の自分がカナダに行ってもよいのだろうか?と不安もあるようでしたが、留学のために、先生方がしてくださった事、なぜ18歳の自分に無理を押して高校編入のチャンスを下さったのか、詩織の幸せを一番に考えて下さった廣谷先生の思いに答えたい、夏休みには、笑顔で先生方に会いにいけるように頑張りたい、その様な事を一生縣命に話してくれました。自分の思いをうまく表現できない娘と、その話をじっくりと聴いてやれない親でしたが、やっと少し親子らしい会話がきたかなぁと思います。そして娘の言葉の中に、先生方への尊敬の気持ち、信頼、強い絆が伝わってきて沖縄で先生方がどれだけの愛情とエネルギーを娘に注いでくださったのか、感じることができました。先生方から教えて頂いたことを糧に、これから娘がどのような道を進んでいくのか、楽しみです。もう後戻りはできませんので、親としても緊張感を持ち、子供を見守り応援していきたいと思います。本当は、そちらに出向いてご挨拶申し上げなければならないところですが、お手紙にて失礼させて頂きます。先生方との出会いに感謝し、この御恩に報いるよう、家族四人、力を合わせて、荒波を乗り越えていきます。皆様の今後のご健勝を心からお祈り申し上げます。

お祖母様からのメッセージ
詩織の祖母でございます。沖縄滞在中は校長先生始め、諸先生方に沢山のことをご指導頂き随分成長して帰って参りました。久しぶりに会いに来た時の第一声が、ありがとうでした。明るく元気な声で沖縄での生活を話してくれました。周りへの気遣いも出来る様になりました。ここまで成長させて下さいました事に感謝の気持ちでいっぱいでございます。沖縄から帰って参りまして、カナダに発つまでの期間がほんとにあっという間でしたけれど、将来への夢を抱いてカナダへ出発いたしました。目標を達成して帰国する日を楽しみに待ちたいと存じます。沢山のご配慮を下さったお陰で実現できましたことを心よりお礼申し上げます。今後もお世話になると存じますが、何卒、宜しくお願い申し上げます。どうぞ皆様、お体お大事にお過ごしの程、お祈り申し上げます。



沖縄のフリースクール「アカデミア」は不登校、登校拒否、ひきこもりなどの問題を持つ生徒が、そこから起き上がる力、心の教育、生き方、ライフスキルを、日々の生活を通し習うスクールです。沖縄県内だけではなく、
東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 など関東を中心に 大阪府 愛知県 名古屋市 などの関西 北海道 仙台市 などの東北 福岡 熊本 鹿児島 広島 兵庫 高知 徳島 などの九州 中国 四国からの生徒も受け入れております。

© Copyright Academia International Boarding School All Rights Reserved.