‐生徒の体験談・結果‐

vol.1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

入学時 卒業時
りょうた
17歳
鹿児島県出身

高校認定試験合格!
沖縄で就労!
高校卒業!
大学進学準備のため鹿児島へ
大学進学決定!

勉強も部活もうまくいかず自暴自棄に…

僕は、小学校・中学校と勉強と野球を頑張ってきました。
高校は地元の進学校へ進学しました。
入学してからも野球と勉強を頑張ってきたのですが、どちらもうまくいかず、野球部を辞め、勉強だけに集中することにしました。
しかし、成績はなかなか上がらずにいました。それから、野球部を辞めたのに成績が上がらないなんてバカだなと友達に思われているのではないかと思ったり、親の期待にそえなかった自分がいやで、自分自身を責め、自暴自棄になり学校に行かなくなりました。
学校に行かなくなってからは、家で布団にくるまったり、テレビを見たり、ゲームをしたり、とてもだらしない生活を送っていました。
学校に行かなければならないと思い制服に着替えてみるものの、玄関で立ちすくんでしまい、行けない日が続きました。このままでは自分自身、家族ではどうする事もできませんでした。
ある日、両親の勧めでカウンセリングへ行き、長年、不登校のカウンセリングをされている上薗先生に出会いました。 先生は僕の悩みを理解して下さり、沖縄のアカデミアのことをご紹介して頂き、後日体験入学に来させて頂きました。
そこでアカデミアのみなさんの温かさや廣谷先生のお話をお聞きしているうちに、自分もアカデミアで頑張ってみようと思い入学しました。
入学してからは、社会のマナーや、人間関係、自分の違うところや間違った考え方をご指導して頂き、毎日楽しく生活させて頂いています。

卒業にあたって

廣谷先生
長い間たいへんお世話になりました。

僕はアカデミアに入学する前まで、笑うことなく、布団に閉じこもり、夢も希望もなく「僕はだめな人間なんだ」と自暴自棄になっておりました。
体験入学で廣谷先生のお話をお聞きしているうちに、これまで両親の期待で生きた自分から、初めて自分自身で沖縄で頑張ろうという気持ちになりました。

入学してからすぐに、廣谷先生にお部屋へ呼んで頂き、夜遅くまで僕の話を親身になって聞いて頂き、寄り添って頂き、お話をして下さいました。
僕はこれまで、こんなに親身になって寄り添って下さる方に出会ったことがなかったので、とても嬉しく涙が止まりませんでした。
本当にありがとうございました。

世界のおいしいお料理やお菓子をご馳走して頂き、ありがとうございました。
僕はいつも廣谷先生のように、おいしいお料理を作ることができたらと思い、いつも真似しており、お料理することが楽しくなりました。
これまで目標もなく生きてきた僕が、料理の世界に進みたいという目標ができました。
そしてもっと世界中のおいしいお料理やお菓子を本場で食べてみて、先生がおっしゃっていた、いろいろな世界を周ってみたいです。

また、世界のいろいろな国のお話や歴史や出来事をお話をして頂き、ありがとうございました。
いつも廣谷先生のお話をお聞きしているうちに、僕もその国に行ったようで、とても楽しかったです。

そしてこの度は高校卒業や大学入試、アルバイトをする機会を頂き、本当にありがとうございました。
アカデミアに入学する前までは、こうして高校を卒業して大学入試を受けることができるとは、夢にも思っておりませんでした。
またアルバイトをするにあたり、なかなか面接に受かることができず、社会に出ることの厳しさを知りました。
その際に面接練習をたくさんして頂き、本当にありがとうございました。

アルバイトをはじめて、家にひきこもっていたいた頃には、学ぶことのできなかったことを、たくさん経験することができました。
これも廣谷先生との出会いがあってこそです。感謝しております。
これから廣谷先生に教えて頂いた「感謝・尊敬・思いやり」の気持ちを、しっかりと胸にきざみ、廣谷先生のような責任感のある大人になれるように努力します。

これからは途中で諦めることなく、最後までやり終えることができるよう頑張って参ります。
お世話になった先生達に良い結果を報告できるよう努力致します。
長い間たいへんお世話になりました。アカデミアで過ごした日々は一生の思い出です。ありがとうございました。

卒業にあたって(しんいち先生宛て)

二年間大変お世話になりました。
二年前、体験入学に来た際に、信一さんにスターバックスに連れて行って頂き、たくさんお話をして頂きました。その後高台に行って沖縄を見渡すくらいの夜景を見た時に、今までくもっていた心が明るくなりました。そしてこんなにも僕を思ってくださる人がいるのだと思い、とても感動しました。入学してからも毎日のようにお部屋に呼んで頂き、お菓子をご馳走して頂いたり、「身体が温まるから」といって温かいお茶をご馳走して頂いたり、本当にありがとうございました。
時には僕の至らない言動で信一さんを怒らせ、信一さんの顔に泥を塗ってしまいました。それでもお疲れのところ夜遅くまでお話をして頂き、僕を正して頂き、本当にありがとうございました。一年前の二月に、信一さんに「めんどくさい」と言い、開き直ってしまったことをとても後悔しており、その時の自分に対してとても腹立たしいです。これからはどんなにめんどくさいことやつらいことがあっても、自分を律して、率先してめんどくさいことやつらいことができるようにします。
また、僕がアルバイトの面接になかなか受かることができないときも、アルバイト先を紹介して頂き、ありがとうございました。アルバイトが始まり、お疲れのところ朝早くからわざわざお見送りして頂いているにもかかわらず寝坊をしてしまい本当に申し訳ございませんでした。信一さんのお力添えが無ければ、モスバーガーに勤めることはできませんでした。四ヵ月半もの間、お疲れにもかかわらず朝早くから本当にありがとうございました。
先日の大学入試の際には、お洋服や靴の手配までして頂き、両親以上に僕の事を思って頂き、ありがとうございました。今回は残念な結果になりましたが、来年は天使大学に合格できるよう努力して参ります。
僕は信一さんと一緒にお買い物に行ったり、お食事をすることがとても楽しみで、信一さんがどこかへ出かける時は僕も一緒に連れて行って頂けないものかといつも思っておりました。なので来年天使大学に合格することが出来たら、札幌で信一さんと一緒にお買い物に行ったり、お食事をすることをとても楽しみにしております。
この度はこのような形での卒業となってしまい、本当に申し訳ございません。これから鹿児島に帰っても自分の原点を忘れず、自分を律していけるよう心がけて参ります。二年間いたらない僕をこんなにも思って頂き、両親以上に可愛がって頂き、本当にありがとうございました。
季節の変わり目、体調を崩しやすい日が続きますが、くれぐれもお身体ご自愛下さい。

父母からのメッセージ(卒業後のお手紙)

廣谷先生
三月に入り、少しづつですが、暖かい日が増えて来ました。先生方におかれましては、お変わりなくお過ごしでしょうか。
この度は、僚太の卒業、色々とありがとうございました。二年一ヶ月前、僚太のことを沖縄へ見送った日の事を思うと、今でも涙が出ます。この二年の間に、僚太の祖父母を亡くし、二人とも亡くなる前まで僚太の事を心配しておりました。今の僚太の姿を、二人に見せたかったです。
この二年間を思い返すと、アカデミアでいろいろな事を学び、何もかも自分でできるように教えをいただきました。失敗も多く、廣谷先生や藤田先生にたくさんご迷惑をおかけしました。病気の時も看病していただきました。
受験の時も、勉強の事、面接の事、行き帰りの事など大変お世話になりました。アルバイト探しも大変苦労も多く、アルバイトに行くようになってからも、たくさんご迷惑をおかけしました。先生方にも感謝でいっぱいです。
一番心配していた兄弟間ですが、行く前はケンカも多く、ギスギスしていたのですが、今は会話も多く、それなりに過ごしています。一番下の弟は、僚太について回っています。お兄ちゃんが帰ってきてうれしいと言っております。
今はまだ荷物の整理もつかず、バタバタしておりますが、あせらず少しづつ親子で向き合っていこうと思っております。車の免許も取りたいと言っているので、自動車学校も今考えています。親としてやりたかった事を少しでもしてやりたいと思います。
本当に、今までありがとうございました。廣谷先生も大変お忙しく、全国を飛び回っていると伺いました。お体にはくれぐれもお気をつけ下さい。本当にお世話になりました。
乱筆乱文をお許し下さい。



入学時 卒業時
めぐみ
18歳
鹿児島県出身

沖縄で就労開始
カナダの提携校に進学!

本心を隠した学校生活に疲れ

私は小学生のときまでは学校が好きで、とても仲の良い友達がいました。
中学に進学する際、その友達と別々の中学に行くことになり、新しい友達や中学校生活に心躍らす一方、私はボサッとしていることが多いので、友達ができるかという不安が一杯でした。
中学生になり、友達は出来ましたが、自分を取り繕い、本心を隠す生活をしていたため、ある日を境にクラスメイトから避けられるようになり、そのことを知らない部活の友達に相談しようと考えましたが、相談したことで部活の友達からも避けられるのではないかと思いながら、周りの人に相談できずにいました。
それから人に何か言われても気にしないフリをしようと思い、表情が乏しくなり始めました。
そうして過ごしているうちに体調を崩し、今度は体調のことで周りとうまくいかなくなりました。
中学三年生のときに、無表情と体調のせいなのか、根も葉もないうわさを流されたり、悪口を言われるようになり、保健室に行ったりの生活をしていました。それでも部活と部活の友達が好きだったので、最後まで通いました。友人達の悪口を耳にするのは、本当に苦しく辛かったです。
高校に何とか入り、同じ中学の人はほとんどいなかったので、中学校生活より頑張ろうとしましたが、体調不良のことで周りの人とうまくいかなくなり、私がいなければみんな楽しく過ごせるかもしれないと思うようになり、学校に行かなくなりました。
それから一年は外に出るだけでお腹が痛くなったり、人に会うだけで気持ち悪くなるのでずっと部屋で寝ていました。
また一年が経ち、一年前の症状が軽くなっていたので、家でパソコンをしたり、働いている姉が休みの日に遊びに連れていってもらっていました。そのころ近所の友達が進路の話をしていたので、私も進学したくて高卒認定をとったり、勉強をしていました。親に進学したいと打ち明けると、喜んでくれましたが心配し、鹿児島市で行われた不登校や引き籠りのセミナーに参加してくれて、その時に出会った、鹿児島で児童養護施設の園長をされている上薗先生のご紹介でアカデミアに来させていただきました。
無表情になり戸惑っている自分に、アカデミアの先生方や生徒の皆さんが優しく笑いかけてきてくださったり、お話をしていただき、今はとても充実していて、とても幸せです。今は自然に笑顔になる事もでき、本来の自分に戻る事ができ、これから一生懸命働き、友達も沢山作り前向きに生きて行きたいと思います。 皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

卒業にあたって

 先生にお会いして1年と4カ月がたちました。たくさんの出会いや別れを見届け楽しいこともあれば傷付くことも傷付けてしまうこともありました。それでも立ち直ろう、頑張ろうと自分に向かっていけたのは廣谷先生と出会うことができたからです。
体験入学で初めて廣谷先生にお会いした時、無表情で無愛想な私にいらっしゃいよく来たねと温かい笑顔で受け入れてくださり、私の為にお時間を使ってお話していただいたことと情熱を持って、「ただ幸せになって欲しい」とお言葉をくださりありがとうございました。
 不登校になってから誰かにあたたかく迎えて貰えることがなかったのでとてもうれしかったです。ありがとうございました。
アカデミアに本入学させていただいてからも、人を信用することができず、おもしろいお話をして下さっている時にも笑わないで失礼な態度をとってしまい申し訳ございませんでした。
 頑固で自分の我を通してばかりでなかなか我を捨てられない私に何度も今の顔はおかしい、もっと笑いなさいと指摘してくださり常に笑うことを心掛けていました。真剣なお話のときに笑ってしまい申し訳ございませんでした。
 表現のことで人から勘違いされることが多く人がとても怖かったのですが、廣谷先生にお会いできて私も廣谷先生みたいに明るく生きたいと思いました。明るく生きるためにもっと努力します。ありがとうございました。
 無表情の私におもしろいお話や世界のお話をしてくださったり、食べたことのない美味しいお菓子をくださったり、美味しい料理を作ってくださったこと、沖縄のきれいな景色を見せてくださりたくさんのお言葉や愛情をくださりありがとうございました。まだ、うまく表現できていないことばかりですが、これからも先生に教えていただいたこと、出会いに感謝すること、人に優しい人でいることを忘れないようにしたいです。
 私のような子供達の為に日々お忙しいと思いますがお身体ご自愛ください。

父母からのメッセージ(卒業後のお手紙)

 梅雨明けと共に暑い日が続いています。皆様お元気にお過ごしでいらっしゃいますか。
 廣谷先生、藤田先生、千葉先生、玉城先生、仲宗根先生、生徒さん方、恵実が長い間お世話になりました。本当に有難うございました。
 1年5カ月前、親子共々不安な気持ちで訪れたアカデミアでした。その際廣谷先生に「この子は人を怨むような子では無い。だからここで頑張りなさい。」そのお言葉が、私の背中を押して下さった気がします。アカデミアにお願いしてからはなかなか行き届かず、先生方にご迷惑をお掛けしたのではなかったでしょうか。申し訳ございません。空港からの帰りの車中、アカデミアの皆様との生活が楽しかったと皆様との別れを寂しいという恵実でした。皆様に温かく接していただいていたのだなあと感じました。
 アカデミアでの生活が、これからの恵実の力になるだろうと思います。外国行きを少し半信半疑で聞いていた私達でしたが、恵実の思いをしっかり言葉に出した事で叶ったのだろうと思います。これからカナダに行きますが、アカデミアでの先生方の教えを忘れず、前に進んでほしいと思います。
 暑さはこれからが本番となります。皆様もお身体に充分気を付けて、お過ごし下さいませ。



入学時 卒業時
まひろ
18歳
東京都出身

在学中運転免許を取得!
大学進学のため渡米!
渡米4ヵ月で大学進学!

生きる力を失いそうに

中学三年生の時、友達やクラスメイトとの関係がうまくいかず、ほんのささいなきっかけで学校へ行かなくなってしまいました。
一時期は何の気力もなく、ただダラダラとインターネットやゲームセンターに浸るような生活を送っていましたが、高校へと進学の準備を進める友人たちを見て焦り、何とか高校へと進学することはできました。
ですが、昼夜逆転の生活を改善することができず、高校へもすぐに行かなくなってしまいました。
その後、インターネットばかりしている生活を見かねた両親に勧められ、通信制の高校へ転入し、フリースクールに通うようになりました。
しかし、それも長く続けることができず、何をしても寝込むようになってしまい、自堕落な毎日を過ごすようになりました。
その時に高校の先生が紹介してくださったアカデミアへ行って見ようと思い、体験入学へと来させていただきました。
そこで先生方や仲間の皆さんに温かく迎えていただいて、「ここでもう一度頑張ってみよう」と思い、このアカデミアという素晴らしい場所へ入学させていただきました。
先生方のお言葉は力強く、夢や希望を与えてくれると共に、自分の間違った考えや甘えた行動を指摘し、正してくださる素晴らしいものでした。
ここで先生方のお言葉やお気持ちを素直に聞き、理解し、そうやって社会と向き合う姿勢を持って、このアカデミアで支えて下さっている方々へのご恩を忘れず、今まで以上にひたむきに頑張っていきたいと思います。

卒業にあたって

この度は、アメリカ留学という、自分では到底考えもつかないような大きなチャンスを頂き、本当にありがとうございます。
アカデミアへの体験入学以来、一緒に生活させて頂く中で大変不快な思いをさせてしまったり、とても失礼な態度を取ってしまったりと、たくさんのご無礼、ご迷惑をおかけしてしまいましたことを、深くお詫び申し上げます。
アカデミアに入学させて頂いてからの生活は、いつも楽しいことばかりでした。入学した当初から、生意気で自分の事ばかり考え、いつも一方的に喋っていた僕を優しく受け入れて下さり、自分を譲らず言うことを聞かない僕に少しずつ社会でのルールや人間関係の作り方を教えて頂き、本当にありがとうございました。
目上の方に対する礼儀や、仕事の取り組み方、物事の責任の取り方、世界の様々な国の歴史や文化、人生の歩き方など、他の場所では教わることのできない、数え切れないほどたくさんの事を教えて頂き、アカデミアに入学する前のこれまでの自分が、いかに常識を知らず、適当に生きていたのか、痛感いたしました。
そんな自分に対して、諦めずに毎日ご指導してくださっただけでなく、お疲れの中夜遅くまで貴重なお時間を割いてお話してくださったり、色々な国の料理をご馳走して頂いたり、お洋服や様々なもの、お言葉を頂いたことは、人生で一番の宝物です。
これから進む、先生方に頂いた新しい人生の中で、初心を忘れず、自分らしく思いやりを持って、先生方に教えて頂いたことを一つ一つ大切にして、このご恩を社会に返せるよう頑張っていきたいと思います。
今まで長い間、本当にありがとうございました。廣谷先生のご健康を心よりお祈りしております。

父母からのメッセージ(卒業後のお手紙)

東京では寒い毎日が続いておりますが、梅の花が満開で見頃を迎えております。
真広は無事に帰宅いたしました。3日目の今日も留学準備のための諸手続きに、朝早くから元気に出かけていきました。ちょうど今、国際免許が取れたと連絡がありました。
真広を沖縄に送り出した時は、全て私共両親が支度をし、部屋もそのまま片付ける事もなく、青白い顔をした真広を空港に連れて行きました。その時から比べると、帰宅後休む間もなく部屋の片づけをし、不用品を処分し、一人で手続きに出かけ、早寝早起きで精力的に行動する姿に驚きと成長を感じております。何をしようとしても具合が悪くなり、何も出来なかった真広が、国際免許を手に一人でアメリカに行くことなど、本当に奇跡に近いことだと思います。
アカデミアでは、数多くの失敗をし、先生方やみなさんにもたくさんのご迷惑をお掛けしたことと思いますが、日々朝早くから夜遅くまでご指導いただきましたこと、言葉では言い尽くせないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。
先生からご指導頂いている、まだまだ未熟な部分もありますが、今後たくさんの経験をするうちに成長してくれればと思います。長い間お世話になり、ありがとうございました。これからも長い目で見守っていただければ幸いです。
真広もいつか先生方にご安心いただけるよう、ご恩返しが出来るようにがんばると申しております。
また、私共両親にも真広と共にご指導いただきました事、重ね重ねお礼申し上げます。
廣谷先生には、ご健康に留意され、今後ますますのご活躍をお祈り申し上げます。



入学時 卒業時
かざほ
16歳
鹿児島県出身

高校認定試験合格!
大学進学準備のため、北海道に!

高校や新生活に馴染めず引きこもりに

僕は小・中学校を屋久島で過ごしていたのですが、高校は本土の進学校へ進学しました。
しかし、学校生活を送っているうちに、学校の校風に馴染めなかったり、生活環境が一変したため体調を崩したり、一人暮らしに疲れたりといろいろな原因が重なり、不登校になってしまいました。
その後はたまに遊びに出かける程度でほぼ引きこもり状態になってしまいました。
半年後、屋久島へ戻っても生活はあまり改善されず、だらだらと過ごす生活が続きました。
ある日、そんな僕を見かねた両親が上薗先生に相談に伺い、アカデミアの事を紹介していただきました。
体験入学をして下さるということで、参加させていただきました。
そこで僕は廣谷先生の講義をお聞きしたり、生徒の方々の礼儀正しい姿を見て、僕もこの学校で学びたいと思い、後日改めて本入学させていただきました。
その後は自分の中の誤った考えや社会でのマナー・ルールをご指導していただいており、不登校中では考えられないくらい大変充実した生活を送らせていただいております。アカデミアの先生方やクラスメイトには感謝してもしきれないくらいです。
今、しっかり自立し、情感豊かで笑顔の絶えない人間になれるよう頑張っています。

卒業にあたって

廣谷佳己先生
三月五日をもちまして、アカデミアを卒業させて頂くことになりました。
一年八ヶ月という長い間、大変お世話になりました。
また、今までのご無礼、失礼な態度をお許し下さい。申し訳ございませんでした。

思い返せば、初めて廣谷先生にお会いしたのは、一昨年の六月に体験入学をして頂いた時でした。
先生がおもしろおかしくサッカーのお話をして頂いたのを覚えています。
わざわざ僕に合わせてお話をして頂いて、ありがたいのと、申し訳ない気持ちになりました。
僕に寄り添ってくれる大人の方は初めてだったので「入学して先生の下で学びたい」と思ったのがきっかけでした。
しかし一度高校生活を失敗していた為、また新しい生活に踏み出すのが怖くなり、約束の日に足が竦んでしまいました。
あの時はご迷惑をお掛けしてしまい本当に申し訳ございませんでした。

入学後も本当によくして頂いて、お料理やお洋服を頂いたり、ハグして頂いたり、ご自身の時間を割いてまでも、僕たちの為にお話をして頂きました。
世界のお話をお聞きしていると、初めて知ることが沢山あり、いかに自分が小さい世界で生きてきたのかを思い知らされました。
こんなにも温かい優しさに触れたのは初めてで、感謝の気持ちでいっぱいです。

日々のお手伝いでは、とても良い経験をさせて頂きました。ありがとうございました。
寮に入れない生徒の家庭訪問のことを任せて頂きましたが、なかなか気持ちが伝わらず、僕に頼んで頂いたのに、お役に立てず心苦しく、とても悔しいです。
でも誰か困っている人の為に、一生懸命動いて流す汗はこんなにも気持ち良く、そして尊いものなのだと実感致しました。
またとても大変なことだとも思いました。

どんな事があっても諦めず人の為と、人を救おうとなさっている廣谷先生をはじめとするアカデミアの先生方は本当に素晴らしいと思います。
僕も弱い立場の人に寄り添える、そんな人間になりたいです。
そして上薗先生に教えて頂いた、社会に少しでも恩返しができるようになりたいです。

税理士という目標をもてたのも。今僕がここにいられるのも、全て廣谷先生をはじめとするアカデミアの先生方のお陰です。
もし、ここでの生活ができなかったら、今もまだ屋久島の家に引きこもっていたと思います。そう考えるとゾッとします。

初めはどうしてこうなってしまったのか、悲観的なことばかりを考えてました。
でも不登校になって良かったと思います。
そのお陰で廣谷先生、アカデミアの先生に出会えたからです。

ここで学んだ信頼の重さ、感謝と尊敬と思いやりの気持ち。生き方を胸に刻み込み、そしてアカデミアにいられたことを誇りを持って生きていきます。
アカデミアで生活させて頂いて僕は幸せでした。ここでの生活は一生の宝物です。
長い間、僕のような人間に寄り添って頂いて、本当にありがとうございました。このご恩は一生忘れません。

拙い文章ですが、最後までお読み頂いてありがとうございました。
くれぐれもお身体ご自愛下さい。

卒業にあたって(しんいち先生宛て)

三月五日をもちまして、アカデミアを卒業させて頂くこととなりました。
一年八ヶ月という長い間、大変お世話になりました。ありがとうございました。また今までのご無礼、失礼な態度をお許し下さい。申し訳ございませんでした。
信一さんには何から何までお世話になり、本当のお父さんのように優しく、時には厳しく、寄り添って頂きました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。お洋服を頂いたり、お菓子を頂いたり、たくさんの貴重な話をして頂きました。特に仏教や神道の教えや考え方を教えて頂いたのは、他では聞くことのできないお話で、とてもありがたかったです。
そしていつも、僕の至らない所を丁寧にご指導頂き、本当にありがとうございました。今の僕があるのは他でもない信一さんのお陰です。僕はとろくて無知なので、信一さんにご迷惑をお掛けしてばかりでした。特に朝起きられなかった僕を一ヶ月以上にわたってお部屋に泊めて頂いたときは、本当にご迷惑をお掛けいたしました。申し訳ございませんでした。お陰様で朝早く起きられるようになりました。ありがとうございました。信一さんに教えて頂いたことをしっかりと頭に刻み込み、信一さんのようなかっこよくて素敵な大人になれるよう努力していきたいです。
初めの頃は、叱られるたびにふてくされて、「何で僕ばっかり…」と思っていました。でも、信一さんが生意気な僕にでもいつも真剣に向き合ってくださったお陰で、叱って頂くことはありがたいことだし、自分を成長させてくれる栄養のようなものなのだと思えるようになりました。本当にありがとうございました。
アカデミアでは、人の思いや人として大切な事をたくさん学ばせて頂きました。もしここでの生活が無かったら、今も屋久島の家で引きこもって、人の想いもろくに分からない最低な人間になっていたと思います。そんな僕をここまで引き上げてくださった先生方には感謝してもしきれません。進路のことでも真剣に親身になって考えてくださり、僕は税理士という目標を見つけることができました。長く険しい道のりだと思いますが、何年かかってでも絶対に税理士になって、そしてここでのご恩を少しでも社会に返していきたいです。
信一さんに教えて頂いたことを胸に刻み、アカデミアにいられたことに誇りを持って生きていきます。一年八ヶ月間とても幸せでした。本当にありがとうございました。
拙い文章ですが、最後まで読んでいただきありがとうございました。
くれぐれもお身体ご自愛下さい。

父母からのメッセージ(卒業後のお手紙)

廣谷先生、藤田先生、アカデミアの皆様
お変わりなくお過ごしでしょうか。こちらはすっかり冬に戻ってしまったかのように、昨日は寒い日でした。沖縄はいかがでしょうか。
この度は風帆を無事卒業させていただき、ありがとうございました。
久し振りの我が子との生活。他人の子供さんを預かるような緊張感がありましたが、それもはじめだけの事。やはり風帆は風帆。本質的なところはあまり変わりは無く、久し振りに見た笑顔は子供の頃と変わらず、ホッといたしました。でも決定的に以前と違うのは、何とも言えない安心感が今はある、ということでしょうか。
三年前、鹿児島市内での下宿生活が始まる時も、一年八ヶ月前、沖縄での生活が始まる時も、大丈夫かな、一人で生活していけるのかな、と心配ばかりの毎日でした。ですが今回、四月からの新しい生活を考えても、今の風帆なら一人でも平気だろう、と安心していられるのです。
以前は勇気を出して人に聞いてみる、という事ができなくて、「やり方がわからない、母さんやってみて」と言っていたのに、今ではいつの間にか、「電話して誰か知らない人に教えてもらう」という、今の若い子には少し勇気の必要な事を、当たり前のこととして平気でしている姿は、何とも頼もしい限りです。予備校への入学、入寮手続きも、私たちは判を押したのみでした。私たち親が教えてあげる事のできなかった「自立」という大事な大切な事を、先生方にしっかり教えていただけたのだと、見ていてよくわかります。本当にありがとうございました。
吃音もあまり気にならなくなっていますが、何より風帆が吃音のせいであまりしゃべりたくないという気持ちになっていない事が、素晴らしいと思います。以前は吃音のせいであまりしゃべらないようにしていたように思います。吃音が不登校の大きな原因だろうと気付いて下さり、その後の指導があったからこそ、今の風帆があると感謝しております。
一年八ヶ月の間、時に厳しく時に優しく、いつも風帆の側にいて御指導いただき、本当にありがとうございました。私たち親にとりましても、とても勉強になった一年八ヶ月でした。親子共々、大変お世話になり、心から感謝しております。
アカデミアの皆様の御健康と御多幸をお祈りしております。



入学時 卒業時
ななみ
18歳
鹿児島県出身

運転免許取得!
高卒認定試験合格!
沖縄で就労!
看護師になるために北海道に!
大学進学決定!

何のためにがんばっているのかわからない

私は中学一年生の終わり頃に不登校になり、高校三年生の時にアカデミアに入学するまで、四年間引きこもっていました。小学生の時は、度々学校を休むことがあったのですが、中学校では欠席もなく毎日学校へ行き、部活をして、夜は塾に行き、活動的に生活していました。ですが、クラスにあまりなじめていなくて、部活や塾も何のためにがんばっているんだろうと思い始めました。だんだんと忘れ物をするのがすごく怖くなったり、誰がいるわけでもないのに自分の後ろが気になったり、人のことが気になって行動できなくなり、気力もなくなって、口を開くのがおっくうになり、自分を閉ざしていました。両親と共有する時間も少なく、会話もなかったので、相談できずにいて、中学一年生も終わる時期にリストカットを始め、ある日を境に不登校になりました。
そのまま中学を卒業し、高校に入ったのですが、中学校をまともに行けなかったのに、高校に通えるはずもなく、すぐに行かなくなりました。母が私を心療内科に連れて行ってくれたのですが、自分の事をどう言葉にしていいか分からず、悪いクスリをしていないかチェックされたり、いろいろな病名を言われるうちに、自分は病気で、処方される薬で治ると思い込みました。ですが、急激に太ったり、文字も書けないくらい手に力が入ったりと、副作用が多く、外に出たくなくなる一方で、良いことは何もなかったです。親も私も薬で良くなると思い、私はそこに甘え自暴自棄な生活を長く続けていたのですが、私がもう薬を飲みたくないと言って、薬をやめました。
副作用も収まり、気持ちが落ち着いてきた頃に、母が児童養護施設をされている上薗先生に相談に行ってくれて、アカデミアを紹介していただきました。ですが、体験入学を終えても、高校の時と同じように逃げることばかり考え、知らない所で人に囲まれて生活するなんて考えられませんでした。母に行きたくないと言うと許してくれて、私はまた高校の時と同じ事を繰り返しました。
一ヶ月ほど経ってから、「引きこもるなら、せめて沖縄で引きこもって」と母に言われ、今まで何も言わなかった父も一緒に沖縄に行くと言い、親に連れられて沖縄に行きました。アカデミアの近くにウィークリーマンションを借り、母と二人で過ごし始めました。一ヶ月ほどは母に反抗しながらもいろいろ話をして、アカデミアの女の子たちもマンションに来てくれたのですが、始めは優しさを拒絶していました。ですがだんだんと、仲宗根先生の笑顔がきっかけで心がほぐれていきました。
みなさんに迷惑をかけながら、たくさんの時間をかけアカデミアに入学しました。入学してから、「沖縄で引きこもれ」という言葉は廣谷先生の言葉だったと知りました。私の知らないところでいつも母と話をし、支えていただきました。アカデミアの先生方と生徒のみんなじゃなかったら、私は自分の部屋から動かないままでした。今はたくさんの人に囲まれ、充実した日々を過ごさせていただいています。引きこもっていた自分には考えられないことで、与えていただいた環境を大切にしたいです。
社会に出るため、これからもアカデミアでたくさんのことを学んでいきたいです。

卒業にあたって

廣谷先生
今回、アカデミアを卒業させて頂くこととなり、二年半大変お世話になりました。振り返ると、いつもご迷惑やご心配をおかけしてばかりで、本当に申し訳ございませんでした。入学する前から、私の頑固さで先生の心身ともにご迷惑をおかけしてしまい、それにもかかわらず、頑なな私をアカデミアに入学させて頂き、本当にありがとうございました。泣いて黙り込む私にも、いつもご指導頂き、優しくして頂き、四年間引きこもっていた私を北海道に向かえるまでにしていただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。
アカデミアでは、高卒認定試験から運転免許、アルバイトまで、たくさんのことに挑戦させて頂いたことが、とても大きなことでした。ヒマラヤでは、働くことの楽しさを知り、サンエーでは緊張感のある中、働くことの厳しさを知りました。雰囲気の違う二つの場所で働けたことが、とても貴重な経験になりました。色々なことがありましたが、後悔や反省も全て大切な勉強になり、次にまた働くときには学んだ事を生かせるようになりたいと思えるようになりました。たくさんのことに挑戦できて、いろいろな問題があったとしても、続けることができて、投げ出さずにやり終えることができたのは、アカデミアでなかったら絶対にできなかったことだと思います。先生がおっしゃった、私にもできる、できないことはない、というお言葉がとてもうれしかったです。
四年間という時間を家で過ごし、何もなかった自分が、同じ年代の子たちと同じような経験をして、資格を得られたことはとても大きなことだと感じます。
最初に一歩踏み出すときにも、毎回うじうじしてしまい申し訳ございませんでした。今は、すべてやって良かった、やりきって良かったという思いでいっぱいです。たくさんのチャンスを頂き、本当に幸せでした。ありがとうございました。
廣谷先生と出会えて、普通の生活ができるようになり、進んでいく道までできたことに、ただただ感謝しております。毎日リストカットをして、薬ばかり飲んでいた日々を忘れず、そんな自分が上薗先生と出会い、廣谷先生、信一さん、アカデミアの先生方と生徒のみんな、沖縄で出会った方々にたくさん優しくして頂き、学ばせて頂いて、たくさんの出会いに恵まれたことに感謝の気持ちを忘れずに生きていきたいと思います。
先生に海に連れていって頂いたり、いつもお菓子を頂いたり、本当にありがとうございました。アカデミアの思い出は、どれも貴重であたたかいものばかりでした。
たくさんお話をして頂き、親のことや考え方のことなど、自分では分からなかったことをたくさん知る事ができて本当に良かったです。自分の課題はまだまだたくさんあって、これからもたくさんつまづくと思うのですが、アカデミアで過ごした時間と、先生のお言葉を思い出しながら、北海道での生活をがんばろうと思います。引きこもっていたときを思い出すと、自分の今の姿がとても恵まれていると感じ、恐縮します。私の奇跡は、本当に廣谷先生を始め、アカデミアの方々に起こしていただいた奇跡だと感じます。本当にありがとうございました。
お世話になり、たくさんご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。二年半本当にありがとうございました。廣谷先生との出会いに感謝の気持ちでいっぱいです。

父母からのメッセージ(卒業後のお手紙)

鹿児島はまだ寒い日が続いておりますが、春は目の前で、菜の花が満開です。
この度は、七海がアカデミアを卒業させていただくことになりました。二年九ヶ月、長い間ほんとうにお世話になり、ありがとうございました。
四年間引きこもって、親も子も暗いトンネルの中でもがき苦しんでおりました。先生の熱心であたたかい御指導で、沖縄に行く事ができ、二人での沖縄での生活も卒業し、入学することができました。
二十四時間、あたたかくまた厳しく、自立できるよう御指導頂き、考えもしなかった高校認定の合格、車の免許取得、アルバイトなど、一歩一歩着実に成長していく娘を嬉しく思いました。部屋に閉じこもって人との接触も少なかったので、御指導が大変だったと思います。
少しずつ人のありがたみや信じる心が戻ってきて、頑固ではありますが、性格も変わってきたと思います。先生にいっぱいご迷惑をおかけしながら、今後人としてどうあるべきかを考えられるようになってきたのだと思います。
アカデミアでは親以上に愛情を頂き、言葉では言い尽くせないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。
まだまだ未熟なところが多いですが、これからたくさんの経験をして成長してくれればと願っております。
長い間ほんとうにお世話になりました。ありがとうございました。
廣谷先生には、ご健康に留意され、お過ごしくださいませ。



入学時 卒業時
りえ
15歳
鹿児島県出身

地元の中学校に復学

学校で浮いてしまい不登校に

私は中学二年の時から学校に行かなくなりました。
小さい頃から、母と毎日のようにケンカしていました。理由は、いつも小さいことでした。学校に行かないこと、想像上の人と話をすること。
それに私の周りの友人たちは皆、頭がよく、周りの人たちにとても好かれる、理想の人たちでした。しかし私は、理想とはかけ離れていました。学校でも浮いてしまっていて、あまりなじめず、学校に行かなくなりました。
それを見かねた両親が、鹿児島で児童養護施設をされている上薗先生のところに相談に行きました。先生は何度も相談にのってくださり、本当に親身になって考えてくださいました。そして、沖縄のアカデミアを勧めてくださいました。
沖縄では、先生方も先輩方も、今までの人とは違って、私を受け入れて下さいました。生まれて初めて、私を理解し、受け入れて下さる大人にお会いして、心が落ち着き、幸せな毎日を送っています

卒業にあたって

廣谷先生、短い間でしたが大変お世話になりました。
先生には、今まで知らなかった歴史や社会についてたくさん教えていただいたり、私が一生食べなかったであろう、とてもおいしいお菓子をいただいたり、本当に幸せでした。
私はきっとこれから生きていくうち、自分の知識や食べ物を笑顔でくださる人には出会わないと思います。
先生のお話はすごく分かりやすくて、本当におもしろかったです。
作っていただいた大学いもやおしるこは本当においしくて、すごくうれしかったです。
いつも授業で世界の話を聞くのはとても楽しかったです。やはり行った事のある先生の話は情景が浮かびやすく、とてもキラキラしていました。
そして、腕のことは本当にありがとうございました。アームカバーやお薬をくださったり、本当に感謝しております。
鹿児島に帰ったら、先生に教えていただいた「優しい人」になれるようにがんばりたいです。
そして、アルバイトをがんばって、自分のお金で先生方に会いに行きたいです。
私は、学校に行かなかった事はとてもいけない事だとばかり思っていましたが、先生にお会いしてたくさん支えてもらい、とても幸せでした。
とても変な気がしますが、私は先生に会うために、アカデミアに入学させていただくために不登校になった気がします。
本当にありがとうございました。私は本当に幸せでした。この八ヶ月間はキラキラしていて、一生の宝物です。
八ヶ月間、大変お世話になりました。
先生にお会いできてよかったです。がんばって優しい人になって、優しいお母さんになって、私のお母さんとも和解できたらと思います。
これからもどうぞお身体ご自愛ください。

卒業にあたって(しんいち先生宛て)

信一さん、短い間でしたが大変お世話になりました。
先生にはたくさんほめていただいたり、しかっていただいたり、とてもうれしかったです。
アカデミアにいられて、とても幸せでした。たくさんお気遣いくださり、ありがとうございました。
夏に海に連れて行ってくださった時、お弁当を作ってくださって本当にありがとうございました。
お正月には、お年玉に小説を買ってくださった事も本当にうれしかったです。マフラーを貸してくださったり、マグカップをくださったり、本当にありがとうございました。
八ヶ月間、本当に短いです。だから一つ一つがたくさんの思い出になりました。
いつも楽しい思い出は全部先生が作ってくださっていて、その時間は一つ一つが生きているうちの幸せな時間をギュッと固めたようにキラキラしていました。
腕の事も本当にありがとうございました。
たくさんご迷惑おかけしました。気付かせてくださり、ありがとうございました。
いつも、どこにいてもとてもあたたかかったです。先生に「いってらっしゃい」と言っていただいた事がとてもうれしかったです。
だから、アルバイトや勉強をたくさんがんばります。そして自分のお金で先生に会いに行かせてください。鹿児島に帰ることはとても寂しいですが、先生にいただいたキラキラの思い出を糧にがんばります。
短い間でしたが大変お世話になりました。
鹿児島に行ってきます。
これからどうぞご自愛下さい。

父母からのメッセージ(卒業後のお手紙)

謹啓 「梅一輪ずつの暖かさ…」と申す通り、この二、三日でぐっと春を引き寄せた様に思われます。廣谷先生には、相変わらずお元気でご多忙にお過ごしのご様子、何よりと存じます。
このたびは、娘莉愛が八ヶ月間のアカデミア生活を終了させていただく事となり、本当にお世話になりました。またこの件で行き違いがあり、ご迷惑をお掛けしまして誠に申し訳ございませんでした。
その様な中で、先日先生から娘の様子をお聞かせいただいて、娘が守られ、愛され、正面から受け止めて下さった事に、私自身熱いものを感じると共に感動いたしました。娘を見守って下さった廣谷先生、藤田先生、すべての皆様方に感謝の気持ちでいっぱいです。また廣谷先生から、娘との有り方についての適切なご意見をいただきました。その際、私に「自信を持っていい」と話された時は、片意地で張り詰めて居た自分は、力を抜く事も必要なんだと思わせて下さいました。息をふっと抜くことができました。この八ヶ月間は、娘にとっては一言では語り尽くせない日々だったと思います。人と人との関わり合いや信頼、深い絆を今までにはなく何倍も感じたと思います。財産となる時間を過ごさせて下さって、ありがとうございました。
これからまだ私達にとっては、多難な事もあるかもしれませんが、頑張っている娘をしっかり見つめて行き、いつか娘が、私の出番を求めてくれる日を信じて向き合って行きたいと思います。廣谷先生とお逢いできました事で、私達夫婦もそうですが、莉愛にたくさんの愛情と、希望や夢を注いで下さいまして、本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。



入学時 卒業時
まさみち
17歳
鹿児島県出身

高卒認定試験合格!
運転免許取得!
大学受験のために北海道に!

2年8ヶ月の引きこもり生活から抜け出す

小さい頃から親の会社の都合で転勤を繰り返し、小学校4年生の時鹿児島に落ち着きました。転校した学校では友達もたくさん出来ましたが、どこか冷めていて、だんだん人と関わることが苦手でめんどくさいと感じるようになり、心を閉ざし、それから学校の先生方や両親ともうまくいかなくなりました。
中学2年生の頃から不登校になり、2年8ヶ月ほとんど外にも出ませんでした。
心配をした両親は、鹿児島でカウンセリングをしていらっしゃる、南さつまこどもの家の園長である上薗先生に相談をし、先生がお忙しい中、錦江湾を何回も渡り、半日かけてわざわざ僕の家を訪問してくれました。
しかし僕はかたくなにゲームをしたり、寝ていたりと、先生に大変失礼な態度をしてしまいました。
お父さんがようやく長い単身赴任から自宅に戻り、毎晩一生懸命、長い間目もあわせず口もきかなかった僕に話をしてくれ、上薗先生が勧めて下さった、沖縄行きの事を教えてもらいました。
飛行機に初めて乗り、廣谷先生に初めてお会いして、自分は変わるんだと決意して2ヶ月、今は笑顔で毎日楽しく生活をしています。決して僕の事を忘れないで足を運んで下さった上薗先生には本当に感謝をしています。
両親にも長い間迷惑をかけました。しっかり自分と向き合い、高校認定試験の合格の為、頑張りたいと思います。

卒業にあたって

この二年間、大変お世話になりました。
今でも、部屋に引きこもり、毎日ゲームをして、誰も信じられなかった時の事を鮮明に思い出します。アカデミアの皆から頂いたお手紙を、親に対して「お前たちの言いなりになるか」という反発で破り捨ててしまい、わざわざ訪問して下さった上薗先生に背を向けたまま話をせずに逃げてしまい、体重が百キロ以上あり、そんな自分がみじめで嫌いで、外にも出ることができず、でも心のどこかでは、このままじゃいけない、何とかしないといけないと思っていても、自分に甘え、親に甘え、行動を起こせなかった自分、そんな自分が今、まだまだたくさんの問題を抱えてはいますが、家から外に出て、他人と一緒に生活しているなんてありえないと思います。こんな僕に新しい命をくださり、夢と希望を持たせてくださり、ありがとうございました。いくら感謝してもしきれません。いつもいつも親以上の愛情で接してくださり、本当にありがとうございました。
入学させていただいた当初、先輩たちがいつも働いていて、部屋で一人で寂しかった時も、必ずお声をかけてくださった時のあの笑顔は一生忘れません。一人じゃないんだ、存在してもいいんだと思いました。その時に先生から、「お前はお前にしかできないことをしなさい」とお言葉を頂き、人と争うのではなく、自分自身と向き合って、自分に厳しく他人に優しくするのだ、と思いました。

また、たくさんのお洋服やお菓子、お料理や色々なものを頂き、ありがとうございました。いつもおいしいものばかり頂いているので、先生がどんな世界で生きてこられたのかとても気になり、いつか行ってみたいという夢が出来ました。こんな僕にいつもお心遣い頂き、本当にありがとうございました。今では、上から下まで全身先生から頂いたお洋服を着させていただいております。最後までお手伝いを完璧に出来ず、申し訳ございませんでした。いつも先生のお手を煩わせてばかりでした。その度に、いつも愛をもって叱って下さりありがとうございました。アカデミアに来させて頂き、いかに自分が、いかにずれていて思いやりがないのか、いかに世間知らずで常識はずれで何も出来ないのか、思い知らされました。ここから外に出て行けるような人間に育ててくださった先生のお言葉を一つ一つ心に刻み、謙虚な姿勢で初心を忘れず頑張ります。
今、この二年間を振り返ってみると、夢のようでとても幸せな毎日でした。いつも先生や信一さんに見守っていただいている安心感。厳しさの中の愛情と情熱で間違いを正して頂き、道しるべを下さり、またアカデミアの仲間と一緒に生活し、笑ったり悲しんだり、ケンカもし、互いにぶつかったり、喜んだり涙したりと、人間らしい生活を送ることが出来ました。昔自分の部屋で誰にも必要とされず、感情のない、色のない白黒の世界にいたときから、今はパーッと色鮮やかな世界に変わりました。本当にありがとうございました。
長い間、ご迷惑ばかりおかけいたしました。周りの人がいてくれてこその自分と思い、うぬぼれず一日一日を大切に生きていきたいと思います。大変お世話になりました。本当にありがとうございました。先生もどうかご自愛ください。


卒業にあたって(しんいち先生宛て)

二年間、長い間大変お世話になりました。おかげさまで、この卒業という日を迎えることができました。ありがとうございました。
入学させて頂き、あんなに惨めで、山男のような僕なんかに真っ直ぐに向き合って下さり、本当にありがとうございました。生まれて初めて信じる人ができました。いつも親以上の愛情と情熱で接してくださり、いつも公平な目で間違いを教えて下さり、親身になってお話をして頂き、いつもいつも見守ってくださり、ありがとうございました。こんなにも大切にされていると思うと、とても幸せ者なのだと改めて感じました。感謝してもしきれません。
今でも、僚太さんと風帆さんの二人ともお手伝いに行っていて、お部屋で一人ぼっちで寂しかった時、信一さんから頂いたみかんゼリーの事をはっきりと覚えています。忘れないでいて下さったと心からありがたく、嬉しくなりました。
こんなに頑固で我の強い僕に、感謝と尊敬と思いやりを常に教えて下さり、ありがとうございました。また、いつもご迷惑ばかりおかけして申し訳ございませんでした。廣谷先生や信一さんが僕を育ててくださり、今回北海道まで行かせて頂くことができました。感謝の気持ちでいっぱいです。教えて頂いたことを心に刻み、日々頑張ります。
また、海に連れて行ってくださったり、お食事にも一緒に行かせて頂き、ありがとうございました。みんなで朝早く起きておにぎりを作ったのはすてきな思い出です。お食事の時には、自分の品のなさや常識のなさを教えていただきました。日本の文化のお話などもして下さり、いつもわくわくした気持ちになりました。僕もいつかいろいろな場所に行ってみたいと思いました。夢を持たせてくださり、ありがとうございました。
こんなにも、もったいないほどのすてきな思い出をくださり、ありがとうございました。一生大切にします。
これから、アカデミアの皆様から頂いたご縁を一生大切にし、周りの人がいてくださっているからこその自分、と思い、一日一日を大事に生活していきます。大変お世話になりました。
沖縄はこれから暑くなっていくと思いますので、くれぐれもお身体ご自愛下さい。

父母からのメッセージ(卒業後のお手紙)

アカデミアの皆様へ
4月に入り、青々しい新緑が強く輝く季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
平成25年2月から将道がそちらでお世話になっておりましたが、この度3月をもちましてアカデミアを卒業させて頂き、2年1ケ月間本当にお世話になりました。そちらへ入校したのがつい最近の出来事のように感じます。振り返りますと、将道が家で引きこもっている時に、鹿児島の上薗先生のご紹介で廣谷先生とめぐり合う事ができ、将道と二人で体験入学をしたことが、全ての始まりでした。廣谷先生と連絡を取らせてもらってからわずか3ヶ月ほどで、将道と沖縄に行けることになるとは、廣谷先生の的確なご指導があったからこそと本当に感謝しておりました。将道が入校してから5ヵ月後には、将道と再会させていただきました。また翌年9月には、進路相談のため鹿児島に帰郷させて頂きました。会う度に、すこしずつですが確実に成長している我が子を見て、正直驚いたと同時に感動も頂き、皆様方のご尽力のお陰だと、ただただ感動する次第でした。高校卒業認定試験も合格し、自動車免許まで取得することが出来ました。これから一社会人として必要な事をいろいろ教えて頂き、本当にありがとうございました。
北海道への進路が決定してからは、準備や手続きを私たちの代わりにして頂いたり、さらにいろいろ贈り物まで頂いたようで、本人が一番喜んでいたようです。ただ出発前にお友達にご迷惑をおかけしたことは、私たち共反省しております。出発当日は朝早いにもかかわらず、一人寂しい思いをすることなくお見送りしていただき、本人も心強く感じたのではと思います。お心遣い感謝申し上げます。
これからは、いよいよ一人での生活が始まります。幾度かの困難が待ち受けているかと思いますが、そちらで学んだ事や、何よりも皆様方との強い絆が、これからの将道を前進させてくれるものと思っています。私たち家族全員で、これからも将道をできるだけサポートしていきます。これまで将道には、親として良い思い出を作ってやれませんでしたので、これからは少しずつでも歩み寄って、楽しい家族を築いていけたらと思っています。今度いつ帰郷するか分かりませんが、その時が来たら明るく迎えてやりたいです。
アカデミアで学んだ学習、集団生活は、これからの人生において貴重な体験になると思います。人と接することを苦手にし、我が強かった将道に対して、いつも愛情を持って、時に優しく、時に厳しく、時には楽しく、親代わりとして接して頂きまして、自分のあるべき姿がやっと分かってきたのではないでしょうか。わが子に対して出来なかったことを、いろいろと教えて頂きました。廣谷先生とお会いできたことに感謝し、また皆様方のご健勝とご繁栄を祈念いたしまして、お礼とさせて頂きます。長い間大変ご迷惑をおかけしましたが、いろいろと本当にありがとうございました。



入学時 卒業時
なおや
15歳
鹿児島県出身


変声期から始まったいじめ

僕は中学生になってから変声期で不安定な声になってしまい、そのことから始まり、周りからありとあらゆる場でいじめられました。毎日悪口を言われ、大変苦しい生活が続きました。心をズタズタにされ、生きているのか死んでいるのか分からない日々でした。中学2年生の時に「帰れコール」をされ、とうとう耐え切れなくなり、転校しました。転校先の学校ではあまりの恐怖心で人が怖く、またいじめられるのではないかと、教室に入れず、保健室登校でした。しかし、学校に行ける事で、一日中本を読んだり、運動したり、工作をしたりして、それなりに楽しかったです。しかし、このままで行って将来のことを考えると、ニートだということに気付き、夢と希望を無くし、家に引きこもってしまいました。
それから一日、一日と「死ぬまで生きてやる」という感覚で約一年間を過ごしました。中学3年の夏、色々な所でカウンセリングを受け、南さつまこどもの家の上薗先生のご紹介で、廣谷先生に出会いました。先生はわざわざ鹿児島まで来て下さり、沖縄のお土産を携えて、僕に会いに来て下さいました。初めてお会いした廣谷先生はとても元気な方で、すごいエネルギーをもらいました。その出会いがきっかけで、僕は廣谷先生を信じて沖縄に行くことを決意しました。
きっと何処に行ってもいじめられると思い、またいじめられるのではと覚悟していましたが、アカデミアの皆さんが笑顔で優しく歓迎して下さり、とても安心しました。廣谷先生や藤田先生が沖縄の色々な所に連れて行ってくださり、とても幸せでした。今では自分で家事をこなせるようになった事はとても嬉しいです。
最初は緊張して、皆さんにすごく迷惑をかけてしまったときもありましたが、人と生活する事を乗り越えたことでたくさんの事を学ぶことができました。アカデミアの先生、皆さんには本当に感謝しています。先生方から頂いた衣類や食べ物、水筒など、とてもうれしかったです。一生大切にしていきたいと思います。
声の事については、まだ自信が持てない自分がいるけど、これから先がんばっていきたいと思います。
アカデミアがなければ、絶対に僕はひきこもりを続け、ニートになり死んでいました。廣谷先生に命を救われたことを奇跡に思います。アカデミアで学んだことを生かし、将来は立派な社会人になりたいです。アカデミアの皆さん、ありがとうございました。

卒業にあたって

廣谷先生に会えたことは、僕にとってとっても奇跡なことでした。
廣谷先生は僕を大切に育ててくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。海などいろいろな所に連れて行ってくださったり、外国のクッキーや北海道のあずきなど貴重な食べ物を与えてくださったり、すてきなバッグや服、髭剃りなどを頂いたりと数え切れません。一年間という長い間、本当にお世話になりました。廣谷先生から教わった事は一生忘れません。常に頭の中に入れて人生を歩んでいきたいです。
僕はいつも廣谷先生に迷惑ばかりかけていました。本当に申し訳ございません。廣谷先生はいつも僕の失敗を厳しくしかってくださいました。おかげ様で、僕は大きく成長することができました。
無口で気が弱く、臆病で根気が無く、自己中心な僕でしたが、アカデミアに来て、明るく元気で幸せな日々を過ごさせて頂き、いろいろな事を学び、大きく変わることができました。廣谷先生とアカデミアの皆の支えなしでは考えられません。本当にありがとうございました。
初めて廣谷先生に会った時はとても失礼な態度を取ってしまいごめんなさい。あの日の運命の出会いをなくしては、今の自分はいませんでした。言葉では表せないくらいくらい感謝の気持ちでいっぱいです。
これからは廣谷先生のおっしゃった事を忘れず、立派に生きていきたいです。廣谷先生のように情熱のあるかっこいい大人になれるよう、努力したいです。
廣谷先生の指圧をさせて頂いたことをきっかけに、指圧師になりたいと思います。指圧の事を頑張って勉強し、立派な指圧師になりたいです。
アカデミアは僕にとって、命を救われ、成長し、希望を持たせてくれた場所でした。アカデミアで出会った先生方や周りの仲間たちとの思い出一日一日は一生心に残り続けます。絶対に忘れません。本当に一年間ありがとうございました。先生もくれぐれもお体にお気をつけてお過ごし下さい。鹿児島から廣谷先生のお幸せを祈っております。

父母からのメッセージ(卒業後のお手紙)

廣谷校長先生へ
8月21日で沖縄のアカデミアインターナショナルボーディングスクールへ直也をお預けし、ご指導をいただいてから1年が経ちました。
昨年の7月8日以降、毎日のように先生へお電話でご相談致しまして、常に温かいお言葉で励ましていただき、心強く思いました。
7月20日、沖縄からわざわざ遠方にもかかわらず、直也の為に鹿児島に来ていただきました日が、つい最近のようです。
先生と初めてお会い致しました時の衝撃は、今でも忘れられません。
いろいろな経験豊富で知的なお話、多数の悩みを抱えてこられた方々を救ってこられた寛大なお人柄に、私も直也も一目惚れ致しました。
先生とお会い出来ました事を、神様に感謝いたしました。

1年間の間も、心配性の私の気性を察されて、たくさん直也に関するメールやお電話をいただきました。先生にお預けして本当によかったです。
直也も私から甘やかされて育った環境から脱し、校長先生から愛情を持って、時には厳しく、また時には親以上の優しさで教育していただきました。
いじめの体験から深く心が傷つき、他人には全く心を開けなくなっていた直也は、佳己先生を信頼し、次第に変わっていきました。
外でも声を出すようになり、顔の表情も明るく、他の人と行動できるようになりました。涙が出るほど感動いたしました。本当にありがとうございました。
まだまだ親も子も未熟です。先生方からご指導いただきましたことを念頭に置き、直也がここまで成長させて頂きましたことを潰すことのないよう、遠くから見守っていきます。

また直也と一緒に先生へ必ず御礼を伝えに学校へお伺い致します。
どうかお身体をご自愛くださいね。



入学時 卒業時
ひろ
13歳
兵庫県出身


受験で生活バランスを崩し…

こんにちは。 兵庫県出身、中学校2年生のヒロです。
僕は小学校1年生の時から学習塾に通っていました。小学3年生頃から中学受験を考えるようになり、苦手な科目もありましたが頑張って希望する中学校に合格しました。 入学してまもなく、授業を受けていても、すごく眠たくなる毎日が続き、体調が悪く睡眠障害になりました。そして勉強にもついていけず、学校が嫌いになりました。
ある朝、いつもの通りに登校しようと家を出ましたが、学校に向かう電車のホームとは逆のホームから電車に乗り、自分が知らない場所へ向かいました。 学校に行かなかったことで、学校から母親へ連絡がいき、大騒ぎになってしまいました。そこから学校に行かなくなり不登校になりました。 学校に行かなくなってからは、寝る、ゲーム、マンガ、テレビ、レゴで遊ぶことが中心になっていました。
そんな僕の姿を見ていた母がこのままではいけないと思い、インターネットでアカデミアを見つけてくれました。母に「体験入学に行ってみたら」と言われ、体験入学に参加し、楽しい先生達と元気な生徒さん達と出会う事ができました。 体験入学が終わって、兵庫県に戻りましたが、いつもの生活は変わりませんでした。このままでは何も変わらないと思い、とりあえず沖縄に行こうと思い入学しました。
沖縄で生活してからは、睡眠障害も良くなり、食欲もあり、毎日遅刻せずに、無遅刻で登校できるようになりました。 今は色々な人達に助けてもらいながら、沖縄で楽しく生活しています。

卒業にあたって

去年の9月23日、僕は一人で沖縄に来ました。その時は心細く思っていましたが、寮の前で皆さんに迎えられた時はとてもうれしかったです。特に廣谷先生にハグをして頂いた時は、とても心強く感じました。その後も廣谷先生のハグはとても温かく、僕を勇気づけてくださいました。とても感謝しています。
廣谷先生にはいつも色々な物を頂きました。洋服や靴、スピーカー、イヤホンなど、数え切れないほどの沢山の物を頂きました。特にお菓子など、今まで食べたことの無いような食べ物も頂きました。本当にありがとうございました。僕はアカデミアで様々なことを学びました。学んだ事は今まで誰からも学んだことの無いもので、そしてこれからも誰も教えてくれないと思います。そんな大切な事を僕に教えて下さり、本当にありがとうございました。
僕はここで学んだ事を大切に、中学校で頑張っていこうと思います。廣谷先生の助言に背いてしまい、申し訳ありません。廣谷先生の助言通りにした方が良いというのは分かっているつもりですが、その通りにすることができませんでした。僕はカナダに行きたくない訳ではないのですが、その勇気がありませんでした。それでも何度も何度も助言していただいてありがとうございました。
僕は最初、6ヶ月で帰る予定でした。しかし廣谷先生が引き止めて下さったおかげで、さらに成長し、今の自分があります。あの時は少し不満でしたが、今ではとても感謝しています。本当にありがとうございました。
僕はこれから、中学校でがんばります。
廣谷先生もお身体お気をつけてお過ごし下さい。
一年間本当にありがとうございました。



沖縄のフリースクール「アカデミア」は不登校、登校拒否、ひきこもりなどの問題を持つ生徒が、そこから起き上がる力、心の教育、生き方、ライフスキルを、日々の生活を通し習うスクールです。沖縄県内だけではなく、
東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 など関東を中心に 大阪府 愛知県 名古屋市 などの関西 北海道 仙台市 などの東北 福岡 熊本 鹿児島 広島 兵庫 高知 徳島 などの九州 中国 四国からの生徒も受け入れております。

© Copyright Academia International Boarding School All Rights Reserved.