生徒の体験談・結果

vol.1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

入学時 卒業時 渡米後 米国高校卒業時
ひなこ
16
沖縄県出身


米オレゴン州私立高校編入
2004年優秀賞を受賞
2005年最優秀賞を受賞し卒業!

友達の一言が不登校のきっかけに

こんにちは。元々人と関わるのが苦手で自信のない私は、中学生の時、尊敬していた友達に突然「嫌い」と言われ、すごくショックでそれから人に嫌われるのが怖くなり人に合わせ始めてしまいました。なんとか中学を卒業し高校にも進学したのですが、一ヶ月ほどしてそんな自分に疲れてしまい、学校を休むようになりました。学校を休んでいる間中、ゲームをするかマンガを読むかといったダラダラした生活を送っていましたが、ある日将来について考えるととても不安になりました。紛らわす為にゲームを繰り返していましたが、その不安は消えませんでした。しかし、アカデミアを卒業した兄と、アカデミアにいるもう一人の兄の変わり様を見て私も変わりたいと思いました。そんな時、廣谷先生からお声をかけて頂いていたので、私もアカデミアに行く決心をしました。ここで自分と向き合わなければ大変なことになると思ったからです。先生達に自分から逃げない事、甘えを捨て自立する事を今習っています。アカデミアに来たばかりの時は緊張と不安のあまり毎日泣いていましたが、先生方や生徒の皆さんのおかげで今では毎日楽しく充実した日々を送らせて頂いています。ありがとうございました。

卒業にあたって
長い間、大変お世話になりました。先生がお忙しい中わざわざ名護まで来てくださり、私をアカデミアに来ないかと誘って頂いた時、初めて誰かに自分を見てもらえた事がとても嬉しく思いました。入学させて頂いたばかりの頃は緊張と不安のあまり帰りたいと毎日泣いていた私を、温かくすべてを受け入れて真剣に私のことを考えて下さり、助言してくださったりと、いつも捨て身になって接してくださった廣谷先生のお心遣いにとても感動しました。心から感謝しています。
アカデミアに入れた事は、私の人生の中で一番幸せで、言葉では表せないほど素晴らしい時間でした。それもすべて廣谷先生、慎一先生、千葉先生、玉城先生や生徒の皆さんが支えて下さったおかげです。今回、渡米という大舞台に立つにあたって、初心を忘れず、先生方のお心を常に頭において、一生懸命頑張ります。有難うございました



入学時 卒業時 渡米後 米国高校卒業時
ともひろ
17
奈良県出身

米オレゴン州私立高校編入・卒業!
2004年優秀賞を受賞!
関西外語大学へ進学!


生きてる理由、学校に行く理由がわからなくて不登校に

こんにちは。 僕は四人兄弟で四歳上の兄がいます。小学校のころから兄とは仲が悪く毎日喧嘩していました。四歳違いの兄弟が喧嘩すれば、どちらが勝つかは誰でもわかる事なのに両親はそれを知らない振りをしていました。そしてそんな両親に不信感を持つようになり、暴力ばかりの兄は殺してやりたい程、憎んでいました。中学校に入ってからも喧嘩ばかり、さらに学校は勉強を強制するだけで中身のないものだったので、次第に無気力になり一年生の二学期から学校に行かなくなりました。それからは自分の部屋に引きこもり、一日中本を読んだり、ゲームばかりしていました。心の中では何の為に人間は生きるのだろう?などと全てに疑問を持ち本を千冊近くも読み漁りました。しかし答えは出ず、高校に入ると少しずつ学校に行くようになったのですが、世の中は奪う者と奪われる者がいるんだ、と思うようになり、暴走族や不良といった連中と付き合いはじめ、家に帰らず遊び呆けていました。しかも友達も信じていなかった僕は、皆といるときと一人のときとで、態度を変えて一人のときは滅茶苦茶な行動をしていました。そんな生活を一年続けた後、全部やり直そうと決めて高校二年に進級すると同時に、学校を辞めました。はじめはやる気もあって色々と努力したのですが、やはりなにも出来ずまた家でゴロゴロするようになってしまいました。
そんな時に母親がアカデミアを見つけてくれて、体験入学に来ました。はじめはダラダラしていたのですが、皆さんの前向きな姿勢を見て自分も変わりたい、と思い本入学しました。本入学後は勉強はもちろん何よりも、自信、人との関わり方、マナーといった人間として大事な事を教えて頂いている上に、大きなチャンスまで頂いています。他人の僕に心から接して下さっている皆さんには本当に感謝しています。


父母からのメッセージ
廣谷先生、藤田先生、千葉先生、玉城先生、淳平さん、アカデミアの生徒の皆様、本当にお世話になりました。智弘の人生において、今までこれほど深く人とかかわり、日々真剣に向き合ってくださる先生方に恵まれて過ごした貴重な時は無かった、本当に本当にかけがえの無い時を過ごさせて頂いたことに心より感謝でいっぱいです。本当にありがとうございました。
通信制高校を中退し、アルバイトをするといって探してもうまくいかず、日に日に暗い表情になってゆく智弘の表情に不安でいっぱいになり、心も身体も停滞させてはいけないとの思いでお電話させていただいたとき、藤田先生が「子供達は心が落ち着くとびっくりするほど力を発揮するものです」と言って下さいました。ただ元気になって欲しい、悲しいほどのマイナス思考が少しでもよくなって欲しいとの思いでした。あの時の不安な気持ちを思い出し、今アメリカへの準備をさせて頂いているというのは、考えられなかった事と、只々先生方がここまでお導きくださったればこそと、夫婦共々心より感謝申し上げます。
五月にアカデミアへ行かせて頂いた時、先生方が日々全身全霊で向き合って下さった事をしっかり感じさせて頂きました。優しさと厳しさ、本当に親以上の思いで智弘の事を思って頂いて、智弘は本当に幸せ者です。
中学時代、何度死にたいと言ったことでしょう。何かあれば「自分は呪われている」と言い、口から出る言葉はマイナス思考ばかりでした。あの時を思えば、今は本当にうれしくてなりません。アカデミアで過ごした日々は、彼の人生の中で大きな財産であり、宝物として智弘の中に残る事と思います。そしてこの素晴らしい貴重な出会いと経験を生かして自立・成長していって欲しいと心より願っています。それが何より先生方にご恩をお返しできる事につながるのだと思います。どうぞこれからも智弘の事を見守って頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。


父母からのメッセージ(卒業後のお手紙)
アカデミアの先生方そして皆様はお変わり無くお元気でお過ごしでいらっしゃいますでしょうか?
智弘がアメリカへ行き4ヵ月半ほどになりました。時々、電話やメールで話しておりますが、元気そうな声が伝わってきて安心しました。アメリカで色んな方とお友達になり、努力の日々を過ごしているようです。大きなチャンスを頂けたのも、アカデミアの先生方皆様に育てて頂いたお陰様と感謝しております。
学校や周りの方々に暖かくして頂いているからこちらの事は心配要らないよ、それよりお父さんの仕事頑張って、とちょっと生意気な事を言ってくる智弘ですが、皆様にお世話になっていることに心より感謝しています。
先生皆様方も、お忙しい毎日どうぞお体を大切になさって下さいますよう心よりお願いいたします。

父母からのメッセージ(アメリカ高校卒業後のお手紙)
廣谷先生はじめ先生皆様、お忙しい毎日の中お元気でお過ごしでいらっしゃいますでしょうか?
さて、先日智弘はアメリカの高校を無事卒業させて頂く事が出来、日本に帰ってまいりました。これも廣谷先生をはじめ、先生皆様の支えと応援を頂いて今日の日を迎えられたと主人共々心より感謝しております。本当にありがとうございました。
沖縄のアカデミアに初めて行かせて頂いた時、私の前で智弘に心構えと決意を胸に叩き込んで頂いた事、いつも願い大きく見守り頂いての今日である事を心よりありがたく感謝に思っております。自ら希望して行かせて頂いたアメリカの高校ですので、最後まで頑張ってほしい、卒業してほしい、それがきっと本人の自信にもつながるから、それが私たち夫婦の願いでもありました。そして先日元気に卒業し、一回り大きくなって帰ってくる事が出来ました。本当にうれしく思っております。卒業の時にはベストユーモア賞を頂いたと聞いて大変驚きました。親の知らない世界の中で多くの方々のお世話になり、貴重な時を過ごさせて頂いたのだとありがたく思いました。
今後についても本人なりの希望、夢があるようです。こうなりたい、こうありたいと思う事はエネルギーの原動力であることを思うとき、本人の思いを大切に、また親としてやれる事を応援していってやりたいと思っております。もちろんまだこれからも色々あると思いますが、アカデミアで学んだ心を大切に、たくましく歩んでいってほしいと願っております。そして何かの折にはアドバイスして頂き、見守ってやっていただければうれしく思います。
どうか先生方、真剣勝負の厳しい毎日とは思いますが、多くの子供たちのためにも、くれぐれもお体を大切にお過ごし下さいます様心よりお祈り致します。本当にありがとうございました。


入学時 卒業時 渡米後 米国高校卒業時
さおり
15
沖縄県出身

米オレゴン州私立高校編入
優秀生徒として卒業!
TOEFL510点獲得!

親に対する反発で耐え切れなくなった自分

私は学校へは行っていたのですが、家庭環境があまり良くなく、家に帰りたくありませんでした。私の父と母は昔から仲が良くなくいつもケンカばかりでした。父は毎晩の様にお酒を飲み、機嫌の悪い時は家族や物に当たったりしていました。私はそれを見るのがすごく嫌で、いつもずっと友達の家にいました。そんな私を見て母が心配し、廣谷先生と会うことになり、先生はお忙しい中わざわざ私の地元まで来てくださいました。廣谷先生は母と私の話を真剣に聞いてくださり、私はそれがすごく嬉しかったです。私の兄も3日後に廣谷先生と会いました。
私は地元の中学を辞め、兄も高校を辞めて2人で宜野湾のアカデミアに来ることを決めました。兄はすでにアメリカの高校に編入しており、来年卒業します。私も来年の6月にアメリカの高校生になるため、自立し頑張っています。アカデミアでは英語、中国語、国際マナー、人として大切なことなど普通の学校では学ぶことのできない大切な事を学ばさせて頂いています。このような素晴らしいチャンスを下さったアカデミアの先生方、両親にはとても感謝しています。ありがとうございました。


父母からのメッセージ
廣谷先生、お陰様で裕介と沙織が無事卒業できました。一年半前の我家の状況からは想像もつかない日が迎えられ、感謝の気持ちでいっぱいです。アカデミアへ入り、何よりも尊敬できる大人に出会えた事が二人にとって幸せだったと思います。二人の人生が大きく変わりました。親もまた、いろんな事を通して考えさせられ、深く反省する日々でした。
先生、本当にありがとうございました。これからも一人でも多くの子供たちが先生と出会う機会に恵まれることを願っています。その為にも、どうぞお体を大事になさって下さい。どうもありがとうございました。

卒業にあたって
長い間ご指導してくださり、ありがとうございました。初めて廣谷先生と名護でお会いしたとき、とても失礼な態度をとってしまいすみませんでした。でも、あの時私は両親以外の大人の方の前で初めて泣きました。本当は誰かに話を聞いて欲しくて安心する言葉をかけて欲しかったのだと思います。廣谷先生がすべてを受け入れてくださり、真剣に考えてくださった事がうれしくてたまりませんでした。あの日の事は一生忘れません。本当にありがとうございます。
廣谷先生のお部屋に行った時、先生が「好きな物だけを食べてはいけない」というお話をしてくださった事を覚えています。私はその通りだと思いました。今まで私は、自分の気の合う人とだけ付き合い、イヤな事は後回しにして好きな事だけを選んできました。だからこんな性格になったんだと思い、もっと自分をよく見てもっともっと素敵な女性になりたいと感じました。また廣谷先生は本当の父親以上にたくさんの愛情をくださいました。私が夜中におなかが痛くなった時に車で病院まで連れて行ってくださいました。いつも父の事まで気に掛けてくださり、本当に感謝しています。私にはもったいないくらいです!
私はアカデミアで、人生の中で一番幸せな日々を送らせて頂きました。また、一番大切なのは”心”だという事も学ばさせて頂きました。もし廣谷先生と出会ってなければ今の私はありません。アメリカという大舞台に立てるのも先生方のリスクのもとにある事を決して忘れず進んで行きたいです。廣谷先生のご健康と幸せを心から願っています。今まで本当にありがとうございました。


入学時 卒業時
よしあき
15
福岡県出身


米オレゴン州私立高校編入・卒業!
優秀生徒として推奨される
TOEFL510点獲得!

愛されてなかった自分

こんにちは。僕は、小学校までは真面目に学校に通っていたのですが、中学校にはいると学校の制度が小学校に比べ厳しくなり、甘えていた僕はその制度についていく事が出来なくなった事と、仕事に忙しい父、また小さい時から溜まっていた母との関係の不満が溜まり無気力になりだんだんと学校をサボりがちになってしまいました。そして、中学1年生の夏休みを境に僕は学校に行かなくなり不登校になりました。なんの為に生きているのか分からなくなったからです。不登校になってからは毎日寝るか、遊ぶかのわがままのだらしない生活を続けていました。僕は、何も自分の将来について考えておらず、このままでいいと開き直っていたのですが両親は僕の事をとても心配してくれインターネットでアカデミアを見つけてくれました。アカデミアに体験入学したのですが、廣谷先生を始め、スタッフの皆さん、生徒さんたちが僕に優しく接して下さりました。僕は、皆が明るく、元気な姿を見てとても驚きました。けれどやはり自分の甘えからアカデミアに来る事を拒んでいました。でも、このままでは何も変わらないと気付き勇気を出してここに来る決心をしました。今、こちらで両親と向き合い、自分の育ち方、また親の育てられ方、を三人でしっかり向き合い気持ちをリセットしてこれからの将来の事を、自立を目指して考えています。そして、国際マナー、人との関わり方など生きていくうえで大切な事も今学んでいます。後で分かったのですが、父が沖縄のアカデミアに体験入学の前に2回も足を運んでくれ僕の事を相談していたのを聞いたときとても嬉しかったです。
廣谷先生を始め、スタッフの皆様、生徒さんたちにとても感謝しています。ありがとうございます。


卒業にあたって
この度は、アメリカへの留学という大きなチャンスを下さりありがとうございました。佐賀県のセミナーの会場で廣谷先生にお会いすることが出来て本当に良かったと思います。もしもあの時先生にお会いしていなかったら、僕は一生社会に出ることが出来ずに多くの人たちに迷惑をかけるとんでもない人間になっていました。そんなどん底の中で、全てに怖がって目をきょろきょろさせていた僕に、廣谷先生は「アカデミアに来てみない?」と優しく声をかけて下さいました。廣谷先生は僕の命の恩人です。
また先生は僕の家庭のことも配慮してくださり、僕と両親との関係を修復してくださりました。あのままだったら、僕は二度と親と話をすることは出来なかったと思います。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。廣谷先生は本当の親以上に優しく、真剣に僕達に接してくださいました。美味しいご飯を作ってくださったり、海や色々な楽しい場所へ連れて行ってくださいました。また、人間関係の作り方、人の気持ちを大切にすること、感謝・尊敬の心を持つことなど、社会に出る上でとても大切なことを教えて頂きました。僕もこれからアメリカで生活していく上で、決して甘えず、自立の姿勢を持っていきたいです。
僕の今までの人生の中で、こんなにも素敵で、心から接して下さる人はいませんでした。そんな先生のおかげで今の幸せな自分がある事を決して忘れず、感謝と尊敬の心を常に持ち、毎日向上していきたいです。沖縄で過ごした時間はとても幸せで素敵な時間でした。本当にありがとうございました。

父母からのメッセージ(卒業後のお手紙)
沖縄での一年余り、先生方には一から全てのことを佳明にご指導下さり、ありがとうございました。言葉には言い尽くせない程に感謝しております。家庭ですべき事が何一つ身についていなかった佳明が、一年の間にこんなに成長できるものかと嬉しく思いました。反面、先生方のご苦労はとても多かった事と思います。申し訳ありません。特に、藤田先生には公私共にお世話していただき、ありがとうございました。お料理から、家事・一般常識・生きていく上で必要な事、等等…。また、色々な物をプレゼントして頂き、沢山の宝物を抱え、嬉しそうにしております。
いよいよ出発が決まり、嬉しさとともに寂しさも加わり、残り少ない日々を大切に過ごさねば、と感じております。アメリカでの生活に期待と不安を抱きつつ、三年間元気に生活し、無事卒業し、ひとまわりもふたまわりも心身ともに成長してくれる事を願います。
最後に、廣谷先生、藤田先生、千葉先生、玉城先生、知念先生、平野先生、一年余り大変お世話になりました。私たち夫婦にとりましても、過去を振り返り、各々を見つめ直すチャンスを与えてくださいました。いろいろな面でご苦労、ご迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした。また、アメリカ行きに際しましては、最後までご指導下さり本当にありがとうございました。末筆になりましたが、貴校のご発展と先生方のご健康、ご多幸を心より申し上げます。


入学時 卒業時
たかよし
17
東京都出身


米国内高校編入
米国高校卒業資格を取得!
米国内大学へ進学・卒業!


人間関係につまづいて

僕は小学校の頃から勉強やスポーツが苦手で人間関係も上手くいきませんでした。中学生になると最初の一年間は何もなかったのですが二年生になり自分の将来について不安になると毎日トラブルばかり起こし、先生や生徒の反感を買い、そしていじめを受けました。もう誰も信じなくなった僕は家に引きこもり一年間一歩も外に出る事はありませんでした。窓のカーテンを開けることも怖かったです。
そんな僕を見た父は心配して母に新しい学校を探してほしいと頼み、アガデミアと連絡が取れると、家族三人で代表の廣谷先生と新宿のホテルでお会いすることになりました。極度の不安で言葉も出ないくらい緊張していた僕を廣谷先生は暖かく受け入れてくださり、相談にものって下さり、暖かい言葉を沢山かけて下さいました。もう一度沖縄で人生をやり直してみたいと思った僕は体験入学へ行く事を決意し、先生と一緒に飛行機に乗ったのですが、緊張している僕に先生は安心する言葉を何回もかけて下さいました。
最初来た日は緊張のあまり混乱していましたが沖縄にいる生徒の皆が一生懸命に過去を乗り越えようとしている姿を見て感動し、そのまま残る事を決めました。アカデミアでは自立するために人間性について学びます。謙虚さ、素直、思いやり、支えあうことが大事だと少しずつですが解るようになりました。また国際人になるために英語や中国語に国際マナーについて先生方から教わりました。また先生達は謙虚である事を常におっしゃられるので自発的に寮の周りの掃除も担当させて頂く事になりました。
このような貴重な体験ができるのも不登校だった僕を救う為に会ってくれた廣谷先生をはじめ、アカデミアのスタッフの皆さんと生徒の皆の御陰です。本当にありがとうございます。


父母からのメッセージ
先日は、大変お忙しい中をお会いして頂きまして有難うございます。私は三十年ぶりで沖縄に行き、若い時の自分を振り返ることができました。又廣谷先生はじめ諸先生方の力により、息子もとより子供達が幸福いっぱいの笑顔を見て胸が締め付けられる思いを致しました。先生方にお会いするまでは、息子のことをいろいろと悪い方向に考え、妻と話し合いながら行った所が、息子と会ってビックリ致しました。自分の息子でないのではと思う程変わっており、何とお話して良いやら…妻と私は心の中で思わず沖縄で良かったと同時に思ったと二人で笑いました。でも先生方とお会いするまではと、いつも親の病が出て無口になり、先生方とお会い致して、心から安心させられました。先生方、ありがとうございます。本当に心から感謝を致します。
私達は昨日までは他人には沖縄にいる息子の事を胸を張って話をできませんでした。今は胸を張って沖縄の息子の話をし、又宣伝めいた話までするはめになりました。とても勝手です。私達親は子供が勝手に頭がおかしくなり、世の中で俗に言う不治の病になり、治らないんだ、気が狂っていると判断をしてしまい、いつの間にか他人に話せない心の狭い人間になってしまっているのです。私達親は自分達が子供以上に深い病にかかっていて、子供を育てていたのでしたと思い、深く反省しております。廣谷先生、少しばかりの恩返しかもしれませんが、広島の子供を一生懸命面倒見させて頂きます。またお会いできることを楽しみにお待ち致しております。



沖縄のフリースクール「アカデミア」は不登校、登校拒否、ひきこもりなどの問題を持つ生徒が、そこから起き上がる力、心の教育、生き方、ライフスキルを、日々の生活を通し習うスクールです。沖縄県内だけではなく、
東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 など関東を中心に 大阪府 愛知県 名古屋市 などの関西 北海道 仙台市 などの東北 福岡 熊本 鹿児島 広島 兵庫 高知 徳島 などの九州 中国 四国からの生徒も受け入れております。

© Copyright Academia International Boarding School All Rights Reserved.